【DeNA】ドラ3・伊勢、帰省中の交通事故を謝罪…首、胸、手首の打撲、むち打ちと診断

DeNAのドラフト3位・伊勢は4日の交通事故の件について説明し謝罪した(
DeNAのドラフト3位・伊勢は4日の交通事故の件について説明し謝罪した(

 4日に熊本県内で交通事故を起こしたDeNAのドラフト3位・伊勢大夢投手(21)=明大=が7日、神奈川・横須賀市内の青星寮で取材に応じ謝罪した。

 伊勢は地元・熊本に帰省中、運転する車で交差点を直進したところ、対向車線の右折車と衝突した。被害状況は確認中だが、伊勢は首、胸、手首の打撲、むち打ちと診断されていた。

 6日の夜に入寮。この日は冒頭に「自分の運転により被害に遭われた方々、関係者の方、本当に申し訳ありませんでした。今後はプロ野球選手としての自覚をいっそう持ち行動をしていきます」と頭を下げた。

 自身のけがについては「キャンプには間に合うと思います」と軽症を強調。8日から始まる新人合同自主トレには参加予定だが、メニューはトレーナーと相談して決めていく。「事故を起こす前はワクワクしていたが戸惑いはある。リリーフとして50試合登板を目指して頑張りたいです」と野球に打ち込んでいく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請