【DeNA】ドラ6蝦名「にんにくパンチ!」地元青森県名産お立ち台でアピールだ

地元・青森特産のにんにく持参で入寮したドラ6蝦名
地元・青森特産のにんにく持参で入寮したドラ6蝦名

 DeNAのドラフト6位・蝦名(えびな)達夫外野手(22)=青森大=が6日、神奈川・横須賀市の青星寮に入寮。大好物である地元・青森県産の黒にんにくを大量に持参し、お立ち台での決めぜりふの候補に「にんにくパンチ!」を掲げ、地元をPRした。

 185センチ、88キロの長打力が武器の右打者は、郷土愛に満ちあふれていた。にんにく生産量が日本一の青森県。青森商時代から高校の先輩が生産している縁で食べ始めた名産品を、6個入り12パックも持ち込んだ。「多いときは1日1パック。においはきついですが、食べると自分の中ではスタミナ、パワーがつく。今の自分の体はこのにんにくのおかげ」とはにかんだ。

 青森県出身では実家がりんご農園の西武・外崎が有名。お立ち台での「アップルパンチ」はファンにはおなじみだ。蝦名は「『にんにくパンチ』は考えたんですけど、パクリと言われてしまったので…」と決めぜりふは再考中。「まずは活躍しないと。開幕1軍が目標です」ときっぱり。プロの世界で「ハマのにんにくマン」を襲名する。(岸 慎也)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請