東京2020公式アートポスター全20作品が完成 荒木飛呂彦さん、浦沢直樹さんら国内外のアーティスト19組が制作

荒木飛呂彦さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
荒木飛呂彦さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
蜷川実花さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
蜷川実花さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
浦沢直樹さんの描いた東京五輪ポスター(C)Tokyo 2020
浦沢直樹さんの描いた東京五輪ポスター(C)Tokyo 2020

 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は東京2020公式アートポスター全20作品を6日、公開した。漫画家・荒木飛呂彦さん(59)、写真家・蜷川実花さん(47)、漫画家・浦沢直樹さん(60)など国内外のアーティスト19組により、オリンピックをテーマとした12作品、パラリンピックをテーマとした8作品が制作された。

 今後、これらの作品を東京2020大会のポスターとして活用していくほか、3月頃から公式ライセンス商品としても順次展開していく予定。また、7日からは「東京2020公式アートポスター展」が東京都現代美術館で行われる。

 ◆公式アートポスター

 公式アートポスターの制作は開催都市契約※に定められた要件の一つとされている。20世紀初頭から、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために、ポスターを制作。また、オリンピックのポスターは、各大会の特色を世界に伝える役割も果たしている。近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作するようになった。その中からは、時代のアイコンとなるような作品も生まれている。

 ※開催都市契約:開催都市に決定後(2013年9月7日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京都、日本オリンピック委員会(JOC)が締結した大会の準備・運営に関する契約書のこと。

 ◆「東京2020公式アートポスター展」

 会期:1月7日(火)~2月16日(日)(36日間※休館日除く)

 会場:東京都現代美術館 エントランスホール

 観覧料:無料

荒木飛呂彦さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
蜷川実花さんの描いた東京パラリンピックポスター(C)Tokyo 2020
浦沢直樹さんの描いた東京五輪ポスター(C)Tokyo 2020
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請