南野拓実がリバプール白星デビュー、本拠アンフィールドで積極的プレー披露…エバートンに1-0で勝利

リバプール移籍後初のスタメン出場を果たした南野(中)(ロイター)
リバプール移籍後初のスタメン出場を果たした南野(中)(ロイター)
リバプール先発布陣
リバプール先発布陣

◆FA杯3回戦 リバプール1―0エバートン(5日、アンフィールド)

 【リバプール(英国)5日=森昌利】イングランド1部リバプールに加入した日本代表MF南野拓実(24)が、FA杯3回戦のエバートン戦でデビューを果たした。本拠アンフィールドで行われた地元のライバルとのマージーサイド・ダービーで、3トップの中央で先発。前線から激しいプレッシングを見せるなど、積極的なプレーを披露した。

 堂々のデビューだった。南野は自身のキックオフでスタートすると、最前線から持ち味の激しいプレッシングを披露。前半34分には左サイドからのクロスを頭で合わせようとしたが、ジャストミートせず。好機を逃したが、ゴールを脅かした。後半25分までプレーし、その後、リバプールにゴールが生まれ、勝利した。

 今冬にオーストリア1部ザルツブルクからリバプールに移籍。契約期間は4年半で、背番号は18を与えられた。「リバプールでプレーするのを心から楽しみにしている」とデビューを心待ちにしていた。ザルツブルク時代の昨年10月2日に欧州CL1次リーグでリバプールと対戦。敵地で1得点1アシストと活躍したことで、欧州王者への移籍をつかんだ。クロップ監督(52)は、ドイツ1部ドルトムントの監督時代にも南野に獲得オファーを出すなど以前から高く評価。12月31日に合流したばかりにもかかわらず、スタメンで送り出した。リバプール南野が、力強くスタートを切った。

リバプール移籍後初のスタメン出場を果たした南野(中)(ロイター)
リバプール先発布陣
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請