宝塚版「マスカレード・ホテル」開幕 瀬戸かずや「刑事もホテルマンも…二度おいしい」

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日を迎えた宝塚歌劇花組「マスカレード・ホテル」の一場面。ホテルの潜入捜査でフロントに立つ新田浩介刑事(瀬戸かずや、左)とフロントクラークの山岸尚美(朝月希和)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日を迎えた宝塚歌劇花組「マスカレード・ホテル」の一場面。ホテルの潜入捜査でフロントに立つ新田浩介刑事(瀬戸かずや、左)とフロントクラークの山岸尚美(朝月希和)
仮面舞踏会の幻想に惑わされる新田(瀬戸かずや)
仮面舞踏会の幻想に惑わされる新田(瀬戸かずや)
新田(瀬戸かずや、左)の相棒の後輩・能勢(飛龍つかさ)
新田(瀬戸かずや、左)の相棒の後輩・能勢(飛龍つかさ)
フィナーレでデュエットダンスを披露する瀬戸かずや(右)と朝月希和
フィナーレでデュエットダンスを披露する瀬戸かずや(右)と朝月希和
ホテルマンの衣装で踊る瀬戸かずや
ホテルマンの衣装で踊る瀬戸かずや

 宝塚歌劇花組公演「マスカレード・ホテル」(脚本・演出、谷正純)が5日、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕した。

 直木賞作家・東野圭吾氏(61)のベストセラーが原作で、昨年1月には木村拓哉(47)の主演で映画化された人気ミステリーの舞台版。入団16年目の2番手スター・瀬戸かずやが、2016年の「アイラブアインシュタイン」以来3年4か月ぶりに主演。外部劇場では初めてセンターを任された。

 都内の高級ホテルで起こると予測される連続殺人を食い止めるため、警視庁の新田浩介刑事(瀬戸)がホテルマンに扮して潜入捜査。一流のフロントクラーク・山岸尚美(朝月希和)の厳しい指導に反発するが、仕事にかける情熱を尊重し合い、信頼を深めていく。熱血漢ながらも頭の切れる新田を自在に演じた瀬戸は「刑事もホテルマンも体験できて、二度おいしい。近年、花組はコスチュームものが多かったので、現代の男性を演じるのはすごく喜びがあります。私自身もコミカルな役が続いていたので、ふざけたくなる自分もいるんですが、シンプルに核の部分をお届けしたい」とジョーク交じりに意気込みを見せた。

 また、昨年11月に雪組から組み替えされ、古巣・花組に復帰した朝月は、外部劇場では初の単独ヒロイン。確かな芝居心で、おもてなし精神にあふれた山岸を好演。今後の花組娘役を引き締める存在になりそうだ。

 13日まで。東京・日本青年館ホールでは20~27日に上演。

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日を迎えた宝塚歌劇花組「マスカレード・ホテル」の一場面。ホテルの潜入捜査でフロントに立つ新田浩介刑事(瀬戸かずや、左)とフロントクラークの山岸尚美(朝月希和)
仮面舞踏会の幻想に惑わされる新田(瀬戸かずや)
新田(瀬戸かずや、左)の相棒の後輩・能勢(飛龍つかさ)
フィナーレでデュエットダンスを披露する瀬戸かずや(右)と朝月希和
ホテルマンの衣装で踊る瀬戸かずや
すべての写真を見る 5枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請