馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

【中山金杯】ノーブルマーズが復調の4着 ミナリク「距離が短かった」

4着のノーブルマーズ(カメラ・池内 雅彦)
4着のノーブルマーズ(カメラ・池内 雅彦)

◆第69回中山金杯・G3(1月5日、中山競馬場・芝2000メートル、ハンデ=良)

 2020年最初の重賞は、フルゲート17頭で争われた中山金杯。トップハンデの58キロを背負った2番人気のトリオンフ(セン6歳、栗東・須貝尚介厩舎)がゴール前の接戦を制して、重賞3勝目を飾った。ミルコ・デムーロ騎手が、落馬負傷の三浦皇成騎手から乗り替わって勝利に導いた。勝ち時計は1分59秒5。

 際どい頭差の2着には6番人気のウインイクシード(松岡正海騎手)が入り、さらに3/4馬身差の3着に11番人気のテリトーリアル(藤岡康太騎手)が続いた。

 フィリップ・ミナリク騎手(ノーブルマーズ=4着)「2000メートルは短かったかも。ポジションが取れていい競馬ができた」

 横山武史騎手(マイネルハニー=5着)「ゲートでソワソワしていた。いい位置が取れたし、叩かれた上積みも感じていた。まだ良くなりそう」

 丹内祐次騎手(マイネルサーパス=6着)「直線の感じは良かったが、坂で勢いが鈍ってしまった。平坦コースの方がいいのかも」

 柴田大知騎手(アンノートル=9着)「行き脚がつかなかった。道中は脚がたまっていい感じだったが、直線で行き場をなくしてしまった」

 鮫島克駿騎手(カデナ=11着)「前残りの展開で後方からの馬なので…。展開に左右されてしまう」

 勝浦正樹騎手(シャイニープリンス=12着)「4角までいいところだった。前走よりはうまくいったが…。もう少し頑張って欲しかったが、やれそうな気がする」

 石橋脩騎手(タニノフランケル=15着)「外めの枠だったので…。もう少し内だったら」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請