内藤哲也、絶対王者オカダ下し史上初のIWGPヘビー&インターコンチの2冠達成…KENTAに襲撃されベルト巻けず

オカダ・カズチカにデスティーノを決める内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)
オカダ・カズチカにデスティーノを決める内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)
勝利後、KENTAに襲われる内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)
勝利後、KENTAに襲われる内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)

 ◆新日本プロレス「「WRESTLE KINGDOM14 in 東京ドーム」」大会 ▽IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル・ダブル選手権試合60分1本勝負 〇内藤哲也(33分37秒 デスティーノ→片エビ固め)オカダ・カズチカ●(5日、東京ドーム)

 史上初めて2日連続で行われた日本最大のプロレスの祭典のメインイベントでIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(37)がIWGPヘビー級王者・オカダ・カズチカ(32)を下し、IWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタル王座の2冠を史上初めて達成した。

 前夜のIWGPインターコンチネンタル戦でジェイ・ホワイト(27)を33分54秒の激闘の末に下してから22時間。内藤が2年前の1・4東京Dメインイベントの再戦となった一戦で雪辱の白星を挙げ、念願の2冠王に輝いた。

 マイクをつかんだ内藤は「オカダ、東京ドームでのメインイベントでの勝利」「逆転の内藤哲也、堪能して頂けましたでしょうか」「その答えはもちろん、トランキーロ、焦んなよ」と叫んだ。

 だが最後の決めぜりふ「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を大合唱している途中で、この日のNEVER無差別級王座を失ったKENTA(38)に襲撃されダウン。2つのベルトを巻かずしてリングを後にした。

オカダ・カズチカにデスティーノを決める内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)
勝利後、KENTAに襲われる内藤哲也(左)(カメラ・越川 亘)
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請