令和最初の初セリ すしざんまい1・9億円マグロ落札 史上2番目の高値に

初セリでマグロを落札した木村清社長(カメラ・奥津 友希乃)
初セリでマグロを落札した木村清社長(カメラ・奥津 友希乃)
5日、豊洲市場で令和最初の初セリが行われた
5日、豊洲市場で令和最初の初セリが行われた

 東京中央卸売市場・豊洲市場で5日、新春恒例の「初競り」が午前5時ごろから行われ、すしチェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」が、276キロの青森県・大間産マグロを、1億9320万円(1キロあたり70万円)で競り落とした。(数字は速報値)

 落札した同社の“マグロ大王”の異名をとる木村清社長(67)は「今年もいいマグロがいっぱいでした!(落札したマグロは)一番いいやつ。お客さんにおいしいマグロをいっぱい食べてもらいたいね!」とにんまり。

 昨年、東京・築地市場から豊洲市場に移転して初めてとなった初セリでは、同社が、278キロの青森県大間産クロマグロを、東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降の最高額3億3360万円(1キロあたり120万円)で落札した。

 昨年に続く市場2番目の高値となり、取材陣からは「正直もう少し安く買えたらと思っているのでは?」との声があがったが、木村社長は「ハッハッハッ!」と笑い飛ばし、「一番いいマグロをお客さんに食べてもらいたい。今年1年またがんばって働きます!」と話し、市場を後にした。

 落札されたマグロは、本日5日から、東京・築地にある「すしざんまい」本店などで提供される予定。

初セリでマグロを落札した木村清社長(カメラ・奥津 友希乃)
5日、豊洲市場で令和最初の初セリが行われた
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請