智弁和歌山・細川凌平主将が遊撃コンバート…今秋ドラフト候補

智弁和歌山の細川凌平(左)と小林樹斗
智弁和歌山の細川凌平(左)と小林樹斗

 今秋ドラフト候補の智弁和歌山・細川凌平主将と、小林樹斗(たつと)投手(ともに2年)が4日、出場が有力なセンバツに向けて和歌山市の同校で始動。細川は、昨秋の近畿大会後に中堅から遊撃にコンバートしたことが分かった。

 昨夏の甲子園で本塁打を放った細川は50メートル走5秒8の俊足、小林樹は最速148キロの直球が持ち味。ともに高卒でのプロ入りを希望していることもあり、元巨人捕手・中谷仁監督(40)の意向で、細川は中学3年以来の遊撃に転向した。「遊撃一本で勝負する覚悟はある。内外野どっちもできた方が、次のステージで生きてくる」と前向きだ。

 楽天ドラフト2位の黒川史陽(ふみや)内野手から譲り受けた内野手用のグラブを使用している。指揮官は「内野でポジションを取れなくても、外野に戻さない」と退路を断ってハッパをかけた。(伊井 亮一)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請