藤光謙司、東京代表争うライバル白石黄良々をマネジメント

白石黄良々
白石黄良々
藤光謙司
藤光謙司

 19年ドーハ世界陸上男子400メートルリレー銅メダルの白石黄良々(23)=セレスポ=が、ニューネックス株式会社とマネジメント契約を結ぶことが4日、関係者の話で分かった。5日にも正式発表される。同社は、17年ロンドン世陸男子400メートルリレー銅メダルの藤光謙司(33)=ゼンリン=が、選手生活の傍らで社長を務めている。現役選手が現役選手をマネジメントするという珍しいタッグで、20年東京五輪へ進んでいく。

 白石は昨季の日本選手権200メートルで4位となるなど躍進し、ドーハ世陸代表入りした新星。世陸400メートルリレーでは第2走者として2大会連続表彰台に貢献した。専門種目が同じ藤光を代表チームの先輩として慕っており、今回の契約に至った。藤光はアスリートの価値向上を目指し、テレビやラジオ出演を始め競技以外も幅広く活動している。今後は、白石も同様に競技や自身の魅力を広め、価値を高める活動が増えそうだ。

 20年東京五輪代表権は、6月の日本選手権(大阪)の結果次第。200メートルは、20秒24の参加標準記録突破者が3位以内に入れば内定。白石は昨年8月に自己記録を20秒27に伸ばしており、サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、小池祐貴(24)=住友電工=、飯塚翔太(28)=ミズノ=らと最大3枠を争う。

 ◆白石 黄良々(しらいし・きらら)1996年5月31日、鹿児島・出水市生まれ。23歳。出水商高、大東大を経て2019年セレスポ入り。同年出雲記念、織田記念100メートルを連勝して脚光を浴び、200メートルでも日本選手権4位。初出場したドーハ世界陸上は400メートルリレー銅メダル、200メートルは予選敗退。180センチ、74キロ。

 ◆藤光 謙司(ふじみつ・けんじ)1986年5月1日、さいたま市生まれ。33歳。世界陸上は2009年ベルリン大会で初出場し、17年ロンドン大会の男子400メートルリレーで銅メダルに貢献。五輪は16年リオ大会200メートルで初出場し、予選敗退。200メートル自己記録は日本歴代4位の20秒13(15年)。18年10月にニューネックス株式会社を設立した。182センチ、69キロ。

白石黄良々
藤光謙司
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請