松田翔太、九重部屋の初稽古へ 妻・秋元梢“実家”の土俵で「元気を頂きました」

スポーツ報知
インスタグラムより@shota_matsuda

 俳優の松田翔太(34)が4日、自身のインスタグラムを更新し、妻でモデルの秋元梢(32)の“実家”である大相撲の九重部屋の土俵での写真をアップした。

 松田は「2020年九重部屋初稽古」と記して、稽古場の土俵で千代大龍、千代翔馬、千代丸、千代鳳らと並んだ写真を投稿。「元気をたくさん頂きました」のコメントに門松と日の丸の絵文字を添えた。土俵の中に立つ松田らは力士同様にはだしになっている。

 松田は2018年4月に、13代九重親方で16年にすい臓がんで亡くなった第58代横綱千代の富士さん(享年61)の次女である秋元と結婚。九重部屋は現在、元大関・千代大海の14代九重親方が継承しているが、もともと千代の富士さんの自宅を改装して部屋を建てており、秋元にとっては生まれ育った“実家”になる。

 松田と力士という珍しいショットに、フォロワーからは「新年早々、縁起の良いインスタですね。心が清められます。早速の投稿、ありがとう 幸せそうで良かった」「寒さが、一気に飛びそうです! 翔太さんの相撲してる姿が、是非みて見たいかも!」「素敵 これからも、翔太くんご夫婦を応援してます」「カッコイイです」などのコメントが寄せられ、1時間あまりで2万4000件を超える「いいね!」がつく反響となっている。

 松田はさらにストーリーに九重部屋のポスターや新弟子募集の案内の写真もアップし、応援の気持ちを示していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請