【箱根駅伝】青学大、異次元の大会新V!実った原監督の3大改革

2年ぶりに総合優勝を果たし、胴上げされる青学大の原監督(カメラ・橋口 真)
2年ぶりに総合優勝を果たし、胴上げされる青学大の原監督(カメラ・橋口 真)

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 往路で圧勝した青学大が復路も2位と快走し、10時間45分23秒で2年ぶり5度目の総合優勝を決めた。前回、東海大がマークした大会記録を6分46秒も更新し、王座を奪還した。アンカーの湯原慶吾(2年)はスタッフ、選手全員が署名したフレッシュグリーンのタスキを見せつけて快走。栄光のゴールに飛び込んだ。シード権(10位以内)確保の危機から一転、王者が復活。原晋監督(52)が掲げた「やっぱり大作戦」は大成功した。(晴れ、気温1度、湿度88%、北西の風0・8メートル=スタート時)

 青学大のアンカー湯原がかけたタスキが表裏ひっくり返った。ゴールまで残り10キロ。表は校名だが、裏には選手、スタッフが名前を書き込んでいた。

 「いつの間にかタスキが裏返っていた。でも、みんなの名前を示せて良かった」

 湯原は全員の思いが込められた魂のタスキの重みを改めて確認し、最後の力を振り絞った。終盤に再び「青山学院大学」の校名を表に戻し、仲間が待つゴールに飛び込んだ。前回、連覇を止められた時に東海大がマークした大会記録を6分46秒も更新し、リベンジを果たした。

 湯原は前回“偵察要員”だった。変更前提で3区に登録され、当日朝にエース森田歩希(現GMO)の付き添いに回った。「今回は走ってチームに貢献したかった。最高です」と湯原は喜びをかみしめた。

 1年前、5年ぶりに箱根路で敗れ、失意の中、新チームは始動した。「普通にやって勝てない。ひとつ間違えるとシード権(10位以内)も逃す」と原監督は弱音を漏らした。そこから変貌するまで3つの転機があった。

 〈1〉厳しさを求めた選手ミーティング 主将の鈴木塁人(4年)は明かす。「優勝を目指す選手にふさわしいか、ふさわしくないか、話し合いを重ね、春に(最上級生)4人がチームを去りました。本来、あってはならないことだし、3年間、一緒にやってきた仲間が去ることは悲しかった」。苦渋の決断の結果、甘えを許さない集団に変わった。

 〈2〉チーム初のゴールデンウィーク合宿 10連休を利用し、長野・菅平合宿を敢行。「5月に泥臭く走り込んだ結果、夏合宿では例年よりも質量ともにレベルの高い練習ができた」と原監督は説明する。

 〈3〉厚底シューズの使用 昨年11月の全日本大学駅伝で2位に惜敗した直後、ナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を“解禁”。ユニホームを提供するアディダス社を使用する選手が多かったが、今大会では出場10人全員が、カーボンプレート内蔵で抜群の反発力を生むナイキのシューズを履いた。「シューズについてコメントはできない」と原監督はいうが、一方で、大学担当のアディダス社員に「あなたのせいではない。必要があれば私が会社の偉い人へ説明に行きます」とフォローしていた。

 苦しみも悩みも乗り越え、青学大は再び箱根路の王者に返り咲いた。復路は5人中4人が箱根初出場の布陣で、逃げ切った。「やっぱり大作戦は500%大成功です。今夜は飲むぞ~」と原監督は満面の笑みを浮かべた。実況アナに「やっぱり青学大は勝てる!」と絶叫してもらいたくて付けた作戦名。今、だれもが認める。やっぱり青学大は強かった。(竹内 達朗)

 ◆青学チーム喜びの声

 1区吉田圭太(3年)区間7位「昨年は優勝できなくて本当に悔しい思いをした。1年間、優勝だけを考えて練習してきたのでうれしい」

 2区岸本大紀(1年)区間5位「終盤に仕掛け、チームにしっかり流れを作ることができた。優勝という目標を達成できて良かった」

 3区鈴木塁人(4年)区間4位「昨年はアンカーで5連覇を逃し、悔しい思いで1年をスタートした。最後の箱根、悔いなく走ることができた」

 4区吉田祐也(4年)区間1位(区間新)「暗中模索からチームがスタートし、4年生がまとまって今回の優勝があると思う。必死に走った」

 5区飯田貴之(2年)区間2位(区間新)「この1年間、『箱根駅伝王座奪還』を掲げてやってきた。総合優勝を達成できてうれしい」

 6区谷野航平(4年)区間3位「往路の走りを見て、流れを切らしてはいけないと思った。58分30秒を目標にし、達成できたことがうれしかった」

 7区中村友哉(4年)区間4位「10キロ過ぎはきつかったが、ラストに向けて最低限の走りはできた。優勝できてうれしい思いでいっぱい」

 9区神林勇太(3年)区間1位「僕がここで優勝を決定づける走りをしないといけないと思った。憧れていた箱根駅伝を初めて走ることもできた」

 10区湯原慶吾(2年)区間5位「9区までの選手に感謝したい。初の箱根でチームのゴールテープを切ることができてうれしかった」

 ◆青学大 1918年創部。箱根駅伝には43年に初出場。2009年に史上最長のブランク出場となる33年ぶりの復帰を果たし、その後、強豪校に躍進。15年の初優勝から4連覇。今回、5度目の優勝。出雲駅伝は優勝4回(12、15、16、18年)。全日本大学駅伝は優勝2回(16、18年)。16年度は学生駅伝3冠。タスキの色はフレッシュグリーン。長距離部員は選手41人、学生スタッフ14人。

箱根駅伝結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請