【ロッテ】令和の怪物・佐々木朗希の未来予想図「活躍する姿を天国の父に見せたい」…インタビューで徹底解剖

スポーツ報知
自身が将来目標とする球速「170キロ」と書き初めをした佐々木朗希(カメラ・竜田 卓)

 今年のプロ野球で特に注目されるのが、ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=だ。スポーツ報知では、最速163キロを誇る「令和の怪物」を大解剖した。インタビューでプロ入りへの心境や東日本大震災で亡くした父への思いを語り、自身の「未来予想図」も披露。体のサイズも“実測”した。(聞き手・長井 毅、小田原 実穂)

 ―昨年4月に高校生最速の163キロをマーク【注1】。その存在が世間に一気に広まった。

 「その時は(スピードが)出るもんだなと。目標にしてやってきたので、あの時点で投げられたのは気が楽になったというか、よかったなと思いました」

 ―花巻東高時代の大谷が出した160キロ超えをいつから思い描いていた?

 「高校1年の冬にプロになると目標を決めた時に同時に決めました。部員たちで(個人の目標を)紙に書いて壁に貼ってたんですけど(最後の)夏の大会が終わった後に多分(その紙を)捨てられました(笑い)」

 ―163キロを出せた理由をどう分析している?

 「身長(190センチ)や腕の長さ(リーチ60センチ)など、手足の長さが一番大きかったと思います」

 ―大谷も肩回りが柔らかいことで知られる。

 「僕も一般的な選手よりは柔らかいですけど、あれぐらい柔らかいかって言われれたら…(笑い)」

 ―柔軟性を保つためにやっていることは?

 「練習後のストレッチくらい。股割はできます。もともとそんなに柔らかいわけじゃなかったんですけど、中2の3月に腰痛が出て(医師から)『体が硬いのが原因』と言われて。けがをしてから柔らかくしようと思って3年間やり続けて今ではだいぶ柔らかくなりました」

 ―好影響があった?

 「可動域が広がるし、プレーに対する影響はよかったんじゃないかなと」

 ―高校時代の忘れられない思い出として昨夏岩手大会の決勝戦【注2】がある。

 「高校生の大部分が(甲子園大会を)目指しているものなので、やっている以上は(甲子園に)出たかったという気持ちはあります」

 ―決勝で登板できなかったことを振り返って。

 「自分自身(先発で)行くもんだと思っていたので(監督には)言わずにはいた。何がよかったのか分からないけど、あの時に出した答えが正解になるようにこれからプロ野球人生を歩んでいきたいです」

 ―心の整理はついた。

 「はい。みんなに納得してもらえるような結果をこれから残していきたいです」

 ―あの経験をどう今後に生かしたいか。

 「長く続けるために自分で自分の体を管理して、けがの予防をできるだけしたい」

 ―野球以外のスポーツで興味あるのは?

 「バスケとか。みんな好きなので結構やったりしていた。ダンク? それはできないです(笑い)」

 ―宮城・明成高出身の八村塁(21)ら年の近い選手が東京五輪にも出場する。

 「八村さんは野球をやっていた。身長もでかくてすごい。一ファンとして応援したいと思います」

 ―好きな芸能人や女性のタイプは?

 「サンドウィッチマン。あまり時間ないけど、小さい頃はお笑い全般が好きだったので動画は全部見てました。女性のタイプは特にないですけど…優しい人が好き」

 ―好きなテレビ番組は?

 「ドラマは好き。『今日から俺は』とか『あなたの番です』とか『3年A組』とかを見てました」

 ―WBCなど国際大会で侍ジャパン入りの期待もかかる。

 「いい選手たちと一緒にプレーして、いい打者と対戦する。選ばれたらそこで1試合1試合成長しながら声援を糧にしながらやっていきたい」

 ―東日本大震災で亡くなった父・功太さん(享年37)と最後の家族旅行が東京ディズニーランドだった。

 「小3の冬だったと思います。小さい頃は絶叫系が嫌いで。今は好きですけど。『It’s A Small World』に乗りました。『スプラッシュ・マウンテン』も乗せられました(笑い)」

 ―今だからこそ伝えたい父への思いは?

 「小さい時にキャッチボールとか野球の楽しさを教えてもらったので本当に感謝してます。プロで活躍する姿を(天国の父に)見せたいなと思います」

 ◆佐々木 朗希(ささき・ろうき)2001年11月3日、岩手・陸前高田市生まれ。18歳。小3で野球を始める。11年の東日本大震災で被災し、大船渡に移住。大船渡一中では軟式野球部。大船渡高に進学し、1年夏からベンチ入り。2年秋から背番号1。3年夏は岩手大会準V。19年ドラフト1位で4球団競合の末に契約金1億円+出来高5000万円、年俸1600万円でロッテ入団。右投右打。

 【注1】昨年4月6日、U―18ワールドカップ高校日本代表1次候補合宿の実戦形式練習で、日本の高校生史上最速の163キロを記録した。

 【注2】19年7月25日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会決勝。大船渡は、エース佐々木が登板しないまま花巻東に敗れ、甲子園出場を逃した。佐々木は前日24日の準決勝・一関工戦で9回129球を投げていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請