【箱根駅伝】青学・岸本、2区日本人史上最速の1年「余裕を持って走れた」6人抜きトップでタスキ

2区で先頭集団から抜け出し、引き離す青学大1年生の岸本(右)(カメラ・生澤 英里香)
2区で先頭集団から抜け出し、引き離す青学大1年生の岸本(右)(カメラ・生澤 英里香)
表彰式で笑顔を見せる青学大
表彰式で笑顔を見せる青学大
2区の一年生歴代5傑
2区の一年生歴代5傑

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 青学大は、最初で最後の箱根路となった4区の吉田祐也(4年)が区間新の力走を見せ、従来記録(19年の東洋大)を5分15秒縮める5時間21分16秒の新記録で3年ぶり4度目の往路優勝を飾った。11番手で出番を逃し続けながら、チーム一の走り込みを続けた努力の男が晴れ舞台で輝いた。競技の第一線から退く予定も、原晋監督(52)は実業団チームに勧誘を呼びかけた。2区もルーキー岸本大紀が快走。4位までが従来の往路記録を更新した歴史的な高速レースを制した。(晴れ、気温6・9度、湿度51%、東南東の風0・9メートル=スタート時)

 胸突き八丁の権太坂も、中継所手前の「戸塚の壁」と呼ばれる急坂も、青学大のルーキー岸本は、ほとんど表情を変えずに走り切った。国学院大の土方英和(4年)、早大の太田智樹(4年)、東海大の塩沢稀夕(3年)ら年上の他校エース級を蹴散らし、7位から6人をゴボウ抜き。堂々とトップに立った。「余裕を持って走れた。残り1キロで他の選手が苦しそうだったので仕掛けました」とゴール後もひょうひょうと話した。坂を制した走りもメンタルも強心臓だった。

 1時間7分3秒で区間5位。実は左足甲を痛め、昨年12月22~24日は今大会に向けて走ることは全くできなかった。決して万全の体調ではない中で、東海大・伊達秀晃が2005年に記録した1年生の2区日本人歴代1位記録、1時間8分4秒をはるかに超え、さらに前回にヴィンセント(国士舘大)がマークした留学生を含む1年生記録(1時間7分12秒)も抜いた。同じ1年のレメティキ(拓大)が区間2位タイだったため、歴代1年生のトップにこそ立てなかったが、圧巻のタイムだった。

2区初1年 就任16年目、箱根参戦12回目の原監督は初めて2区に1年生を起用した。「神野大地(セルソース)や一色恭志(GMO)を超える逸材」と指揮官は歴代エースの名を挙げて岸本の潜在能力を評価する。「東洋大の相沢君も超えてほしい」と原監督はこの日、生まれた1時間5分57秒の区間記録更新まで期待した。

 「相沢さんの記録は別次元です」と岸本は苦笑いしつつも、「(4年生まで)あと3回チャンスがあるので、少しずつ縮めていきたい」と意欲も見せた。

 相沢との差は1分6秒。距離にして約400メートル。3年で指揮官の期待通りに成長すれば、相沢越えも見えてくる。青学大の「新・黄金時代」を築くエースが誕生した。

 ◆岸本 大紀(きしもと・ひろのり)2000年10月7日、新潟・燕市生まれ。19歳。小学生から地元の陸上クラブで陸上を始め、中学3年のジュニアオリンピックでは3000メートルで5位。新潟、三条高から19年に青学大へ入学。1年生ながら出雲で2区区間賞、全日本では区間5位も区間新記録。自己記録は5000メートル14分6秒97、1万メートル28分32秒33。172センチ、51キロ。

タイム速報
2区で先頭集団から抜け出し、引き離す青学大1年生の岸本(右)(カメラ・生澤 英里香)
表彰式で笑顔を見せる青学大
2区の一年生歴代5傑
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請