紅白第2部、歴代最低37・3% 竹内まりや、ビートたけしら熱唱も厳しい結果

紅白で熱唱したビートたけし
紅白で熱唱したビートたけし

 昨年大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の関東地区の視聴率が1部で34・7%、同9時からの2部で37・3%(ビデオリサーチ調べ、関西地区は1部31・9%、2部36・2%)を記録したことが2日、明らかになった。2部では過去最低の15年の39・2%を下回る歴代最低(1部はワースト6位)。平成最後となった18年には2年ぶりの40%超え(関東地区41・5%、関西地区40・5%)を記録したものの、令和初の紅白は一転した。

 紅白は16年から「夢を歌おう」をテーマに4年計画を進めており、最終年となった今回は、米津玄師(28)が作詞作曲したNHK2020ソング「カイト」を、嵐が新装の国立競技場で初披露するシーンが放送されるなど、東京五輪を見据え過去の五輪を振り返る演出もあった。また、初出場の竹内まりや(64)が「いのちの歌」を歌い、歌手として初出場のビートたけし(72)が「浅草キッド」を熱唱。松任谷由実(65)がラグビーW杯日本代表選手を前に「ノーサイド」を歌うなど、注目を集めていたが、視聴率では厳しい結果になった。

 同番組の二谷裕真・実施本部長は「紅白でしか見られない数々の特別演出をお楽しみいただきました。数々のシーンが多くの視聴者の皆様の心に響いたと思います」とコメント。「カイト」の初披露に触れ「歌の力でたくさんの夢を応援できたと自負しています。『夢を歌おう』、“ひとまず”完結です。これからも紅白は皆様の夢を歌で応援していきます」としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請