【箱根駅伝】青学大が3年ぶり往路優勝! 原監督「復路も一丸となって戦いたい」 2区で1年生岸本が快走

1位でゴールした青学大5区・飯田貴之(カメラ・竜田 卓)
1位でゴールした青学大5区・飯田貴之(カメラ・竜田 卓)

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 青学大が4区で再逆転し、往路新記録の5時間21分16秒(速報値)で3年ぶりの往路優勝を決めた。王座奪回を目指して「やっぱり大作戦」を掲げて臨んだ今大会で、まずは往路をトップでゴールテープを切った。

 1区では吉田圭太(3年)がトップと18秒差の7位と好位置につけた。2区では1年生の岸本大紀が快走し、1時間7分3秒で2位・早大に1秒差をつけて戸塚中継所を首位で通過した。

 3区では東京国際大・Y・ヴィンセントが区間記録を2分1秒上回る59分25秒の驚異的な新記録で首位に立ち、青学大・鈴木塁人(4年)は2位に後退した。しかし4区で吉田祐也(4年)が区間新の1時間0分30秒で再び首位に立った。

  • 1位通過の青学大4区・吉田祐也(左)から、青学大5区・飯田貴之にタスキが渡る(カメラ・佐々木 清勝)

    1位通過の青学大4区・吉田祐也(左)から、青学大5区・飯田貴之にタスキが渡る(カメラ・佐々木 清勝)

 5区の山登りでは飯田貴之(2年)がそのまま逃げ切って、箱根・芦ノ湖に1位でゴールした。

 ◆原監督に聞く

 ―3年ぶりの往路優勝

 「今年は新体制が始まって、シードすら取れないくらいの学生たちだった。今日のために、本当に1年間トレーニングを頑張ってくれた」

 ―往路記録を5分更新した

 「何よりも大学スポーツ界のレベルアップに青山学院が貢献させていただいたこと、これはすごいこと。学生達に本当に感謝します。1区から超ハイペースの中で、5区間ともよく耐えてくれた」

 ―復路に向けて

 「総合優勝しなければ『終わりよければ全てよし』になりませんので、“やっぱり指数”を500%に引き上げるように復路も一丸となって戦いたい」

 ◆往路順位

 (1)青学大

 (2)国学院大

 (3)東京国際大

 (4)東海大

 (5)明大

 (6)帝京大

 (7)創価大

 (8)駒大

 (9)早大

 (10)拓大

 (11)東洋大

 (12)中央学院大

 (13)中大

 (14)順大

 (15)日大

 (16)法大

 (17)神奈川大

 (18)日体大

 (※)関東学生連合

 (19)筑波大

 (20)国士舘大

 ※関東学生連合はオープン参加。

記録速報
1位でゴールした青学大5区・飯田貴之(カメラ・竜田 卓)
1位通過の青学大4区・吉田祐也(左)から、青学大5区・飯田貴之にタスキが渡る(カメラ・佐々木 清勝)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請