東海大・塩沢稀夕は2区7位に「自分の中で100点満点」

タスキを受けた東海大の2区、塩沢稀夕(右)(カメラ・泉 貫太)
タスキを受けた東海大の2区、塩沢稀夕(右)(カメラ・泉 貫太)

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 2区7位の東海大・塩沢稀夕(3年)「(2区の)プレッシャー、かなり緊張はあったけど、任せられたからには繋ぎ切ることが大事だと思ったので、自分のできる仕事はしっかり果たしたいなと思っていた。鬼塚さんが1区で東洋大学さんと大差をつけてくれたので、相沢さんとの差を気にせずに走れたのが1番良かった。タイムとしても順位としても、かなりいい位置で(3区に)渡せたと思うので、自分の中で100点満点かなと思う」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請