2区の国学院大・土方英和は意地の走りで3秒差の4位でたすきをつなぐ 前田監督からゲキ「しっかり主将として、意地見せろ」

国学院大の2区、土方英和
国学院大の2区、土方英和

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 エース区間の2区で、国学院大の土方英和(4年)は、主将として意地の走りを見せ、トップの青学大と3秒差の4位でたすきをつないだ。「権太坂で力を使い切ってしまったので、最後はキツくなってしまった。キツくなるのは分かっていたので、しょうがないとは思うけど、秒差の見える位置で(たすきを)渡せたのはよかった。前田(康弘)監督から走っている時に『しっかり主将として、意地を見せろ』と言われた。最後なんだな、という気持ちが強かったけど、力を出し切れたので、よかった。納得のいく走りができた」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請