2区で区間新の東洋・相沢「モグスさんの記録を抜けてうれしい」

東洋大2区・相沢晃(左端)
東洋大2区・相沢晃(左端)

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 2区で1時間5分57秒の区間新記録を樹立した東洋大・相沢晃(4年)「(東京国際大・伊藤と並走)ライバルだと思っていましたし、ずっと勝ったり負けたり、最後一緒に走れることができて良かった。ラスト3キロでしっかり勝負をした。伊藤君を見ながらどこで仕掛けようかと思っていた。(坂で抜いたときの気分は)その時点できつかったですけど、思い切り行こうという思いでそこから頑張った。(記録については)当初目標にしていた1時間6分30秒を上回れたし、後ろからのスタートではあったけど、納得のいくレースはできた。20キロ地点を56分台で行っていると言われてラスト1キロを3分13秒くらいで行けばというのがあったので気持ち的に余裕もあった。記録が分かったのはゴールしてから。まさか(1時間)5分台を出すとは思っていなかったですし、(山梨学院大)モグスさんの記録を抜けてすごくうれしい」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請