2区の早大主将・太田智樹は1秒差の2位に順位を上げるも「最後、勝ちきれなかったのは自分の弱さ」

早大2区・太田智樹(左から3人目)は3区・井川龍人にタスキを渡す
早大2区・太田智樹(左から3人目)は3区・井川龍人にタスキを渡す

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 エース区間の2区で、早大・主将の太田智樹(4年)は、17秒差の6位でたすきを受け、トップの青学大とわずか1秒差の2位に順位を押し上げた。「最後、勝ちきれなかったのは自分の弱さだと思う。でも3区を走る、1年生の井川(龍人)にいい位置で(たすきを)渡そうと思って走っていたので、渡せてよかった。キツい部分は何回かあったけど、今、走り終えて、すごく楽しかったなと思います」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請