元℃―ute岡井千聖、18年競輪賞金王・三谷竜生と結婚 既に関西移住

ゴールイン目前の元℃―uteの岡井千聖
ゴールイン目前の元℃―uteの岡井千聖
2018年の競輪賞金王・三谷竜生
2018年の競輪賞金王・三谷竜生

 元℃―uteでタレントの岡井千聖(25)と、競輪選手で2018年賞金王の三谷竜生(32)が年内にも結婚することが31日、分かった。東京五輪・パラリンピックで日本中が盛り上がること必至の2020年は、芸能界も寿ラッシュになりそうだ。

 元アイドルと競輪のトップレーサーという異色のカップル誕生だ。岡井は既に首都圏から関西に移住し三谷の実家に通い、2人で過ごす時間を増やしている。既にお互いの家族には顔合わせしており、日程は調整中だが今年中に婚姻届を提出する。

 岡井は2005年から17年まで℃―uteで活動。無邪気な笑顔とぶっちゃけトークで人気メンバーの一人だった。卒業後は、そのキャラクターを生かしタレントへ。バラエティー番組でお笑いタレントにいじられながらも面白く返す機転を見せていた。昨年4月、25歳を迎える前に「改めて勉強がしたい」との思いで活動休止を表明した。

 三谷は父と兄2人が競輪選手という家庭に生まれ育ち、12年に競輪デビュー。たちまち頭角を現し、17年と18年に日本選手権競輪を史上7人目となる連覇。18年12月には優勝賞金1億円の最高峰レース「KEIRINグランプリ2018」を制し、初の賞金王、MVPに輝いている。同年の獲得賞金2億5531万3000円は、史上最高獲得額となっている。

 2人は岡井が17年から競輪の関連番組に出演していた縁で知り合い、18年には初共演も果たした。三谷がかねて岡井のファンだったということもあり意気投合。昨夏、三谷が離婚してからは真剣交際へと発展した。昨年11月には共通の知人の結婚式に2人して出席している姿も目撃されている。

 19年の三谷は春先からスランプに陥り、9人しか選ばれない「S級S班」の座から20年はS級1班に陥落。しかし、昨年後半から調子を取り戻しつつあり、今年のS班復帰を狙っている。新しい伴侶を得て2020年のグランプリへの弾みにする。

 ◆岡井 千聖(おかい・ちさと)1994年6月21日、埼玉県出身。25歳。2002年6月、ハロプロキッズオーディションに合格。05年6月に結成された「℃―ute」に参加。07年、NHK紅白歌合戦に初出場。17年6月、グループ解散によりハロプロを卒業し、タレントに転向。昨年4月に活動休止。身長152センチ、血液型A。特技は藤本美貴のものまね。

 ◆三谷 竜生(みたに・りゅうき)1987年9月5日、滋賀・大津市生まれ。32歳。神奈川・関東学院大ではラグビー部に所属し、W杯日本代表・稲垣啓太(29)とプレー。卒業後、101期生として日本競輪学校に入学。2012年7月にデビュー。17年の京王閣「日本選手権」(ダービー)でG1初制覇。18年のダービー(平塚)で史上7人目の連覇を果たした。168センチ、77.1キロ。血液型B。

ゴールイン目前の元℃―uteの岡井千聖
2018年の競輪賞金王・三谷竜生
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請