【RIZIN】YouTuber・朝倉未来、判定で大将戦勝利「YouTube登録お願いします」 対抗戦は3勝のベラトールに軍配

喜びを語った朝倉未来(C)RIZIN FF
喜びを語った朝倉未来(C)RIZIN FF
勝利した朝倉未来(C)RIZIN FF
勝利した朝倉未来(C)RIZIN FF
判定勝ちを収めた朝倉未来(C)RIZIN FF
判定勝ちを収めた朝倉未来(C)RIZIN FF

◆RIZIN.20 ▽第12試合 RIZIN×BELLATOR対抗戦(66キロ) ○朝倉未来(判定3―0)ジョン・マカパ●(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 RIZIN選抜の大将でYouTuberの朝倉未来(27)=トライフォース赤坂=が、ジョン・マカパ(33)=ブラジル=に判定で勝利した。28日の「BELLATOR JAPAN」から行われていた対抗戦は5戦3勝したBELLATOR選抜に軍配が上がった。

 カウンター狙いの朝倉未は、ときおり強烈な左ミドルを突き刺し、さらに相手のタックルを簡単にカット。3回にも何度かタックルを入られるが、テイクダウンを許さず、強烈なカウンターを当て続け判定勝ちを収めた。

 リング上で朝倉未は「結構いいの(パンチ)入れたと思ったんですけど、結構相手が頑丈でしたね。勝てて良かった。全勝でこれたので、今日も歓声がすごくてうれしかったんで日本の格闘技も盛り上がってるのかな。大みそかに格闘技を見てくれてありがとうございます。みんな、いろんなことあると思うんですけど頑張りましょう。YouTube登録お願いします。この後弟のタイトルマッチがあるので番組替えないでください」と喜びを語った。

 また、1勝2敗と劣勢に立たされていたRIZIN選抜は副将戦で元谷友貴(30)=フリー=が満を持して登場も、12戦無敗の寝業師、パトリック・ミックス(26)=米国=にフロントチョークを決められ1回1本負けを喫した。

 ◆朝倉 未来(あさくら・みくる) 1992年7月15日、愛知県生まれ。中学・高校時代は喧嘩に明け暮れ、あまりの喧嘩の強さに敵無し状態となり、禅道会豊橋道場に入門。12年にDEEP CAGEIMPACT浜松大会に出場し、1回53秒KO勝利で総合格闘技デビュー。13年からはTHE OUTSIDERへ参戦。15年に65-70キロ級タイトルマッチで王座を奪取。60-65キロ級タイトルマッチを獲得し、THE OUTSIDER史上初の二階級制覇の快挙を果たした。17年3月に韓国のROAD FCで海外初挑戦。18年3月に主戦場だったTHE OUTSIDER卒業を発表した。同年8月のRIZIN.12名古屋大会でRIZIN初参戦。元UFCファイター・日沖発、リオン武、ルイス・グスタボ、矢地祐介らを破っている。

喜びを語った朝倉未来(C)RIZIN FF
勝利した朝倉未来(C)RIZIN FF
判定勝ちを収めた朝倉未来(C)RIZIN FF
すべての写真を見る 3枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請