関ジャニ∞村上信五、紅白の司会「来年立候補」…活動休止の嵐「誰が送りだすねん」

リハーサルを終え会見する関ジャニ∞の(左から)村上信五、安田章大、大倉忠義、横山裕、丸山隆平(カメラ・小泉 洋樹)
リハーサルを終え会見する関ジャニ∞の(左から)村上信五、安田章大、大倉忠義、横山裕、丸山隆平(カメラ・小泉 洋樹)
紅白に出場するジャニーズ勢
紅白に出場するジャニーズ勢

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)のリハーサルが29日、東京・渋谷区のNHKホールで行われた。8年連続8度目出場の「関ジャニ∞」の村上信五(37)は、嵐の2020年末での活動休止を受け「送り出す」と来年の白組司会に立候補した。

 リハーサル開始早々、“村上劇場”が幕を開けた。ステージで開口一番、「司会、落ちました。今年も」。取材会では「錦戸のことは聞かんといてね」と9月に脱退した錦戸亮(35)の話題に先手を打って、また笑いを誘った。横山裕(38)が「(司会は)落ちたんですか?」と疑うと「挙がってた! え?聞いてない? ほな、来年は立候補。一番最初にした」とぶち上げた。

 白組司会は直近12年連続でジャニーズ勢が務めてきた。10年から5年連続で嵐がグループで、16年からは嵐メンバーが単独で、今年は2年連続で櫻井が務める。その嵐は来年末で活動休止する。来年は嵐のための紅白となることは確実の中で「誰が送りだすねん。ジャニーズで送り出さんかったら、誰が送り出すねん」とまくしたてた。

 以前から紅白司会への願望は公言してきた。昨年はNHKワールドJAPANの音楽番組「SONGS OF TOKYO」、今年も同局のアジア太平洋地域の歌の祭典「ABUソングフェスティバル」で司会を務め、貢献度も抜群。「いつか司会をやってジャニーさんに報告する。『やっと出来たで』って」と本気で狙っている。

後輩を「潰す」 本番では後輩の関西ジャニーズJr.「なにわ男子」、25年の大阪・関西万博の誘致キャラクターのピカチュウ20体と「関ジャニ∞ 前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー」を披露する。ジャニーさんの追悼企画にも後輩Jr.が多数出演するが、「なにわ―」は関西の後輩だけに「潰してやりますよ。リハは優しくしましたけど」と言いたい放題。来年の司会就任を実現させるためにも、リハーサルの勢いそのまま本番でも主役になる。

リハーサルを終え会見する関ジャニ∞の(左から)村上信五、安田章大、大倉忠義、横山裕、丸山隆平(カメラ・小泉 洋樹)
紅白に出場するジャニーズ勢
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請