嵐、国立競技場で米津玄師と収録 櫻井翔「一生の宝になる映像もある」

ポーズを取る嵐の(左から)相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔、大野智、松本潤(カメラ・小泉 洋樹)
ポーズを取る嵐の(左から)相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔、大野智、松本潤(カメラ・小泉 洋樹)
紅白に出場するジャニーズ勢
紅白に出場するジャニーズ勢

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)のリハーサルが29日、東京・渋谷区のNHKホールで行われた。2年連続で大トリを務める嵐は、企画枠でもシンガー・ソングライターの米津玄師(28)が作詞作曲したNHK2020ソング「カイト」を歌う。

 令和最初の大トリに、松本潤(36)は「令和初の紅白にもなりますので精いっぱいのパフォーマンスを感謝の気持ちを込めて。だいぶ気合入ってます」と力を込めた。

 デビュー曲「A・RA・SHI」からデビュー記念日の11月3日に初めてデジタル配信した「Turning Up」へと続く「嵐×紅白 スペシャルメドレー」。松本は「歌い出しが始まった瞬間、クッと引き締まる感じがする」。総勢80人を従えてのパフォーマンスで、7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)の代表的演出さながらの“ダンサーマンション”の映像演出も盛り込まれた。

 大トリ、そして櫻井翔(37)の司会以外にも、重要な役割を担う。昨年に続く出演が決まった米津とのコラボだ。歌唱曲「カイト」の楽曲制作前に6人で酒も酌み交わしたようで、松本は「めっちゃいい曲ですよ。嵐が歌うことをイメージして書いてくださったと。こういうイメージが僕らにあるんだなって感じられてうれしかった」と声を弾ませた。

 企画の全容はまだ非公表。だが、櫻井は「すごい映像。一生の宝になりそうな映像もある。NHKさんの本気度を見た」。嵐は28日、米津とともに東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場で収録に臨んだ。米津は本番ではVTR出演になるとみられる。

 紅白出場は今年を含めて、あと2回しかない。松本は「2019年の歌い納めにもなりますし、2020年に向かって新たな一歩。自分たちとしても決意をこめて気持ちよく2020年を迎えられるよう、最後の締めをしっかりと迎えられたらいいな」。一瞬一瞬を大事に、まずは大役を全うする。

ポーズを取る嵐の(左から)相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔、大野智、松本潤(カメラ・小泉 洋樹)
紅白に出場するジャニーズ勢
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請