張本勲氏、羽生結弦の3回転半転倒に驚き「見たことない」過密日程を心配「ちょっと休んでもらいたい」

羽生結弦
羽生結弦

 野球評論家の張本勲氏(79)が29日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演した。

 番組ではフィギュアスケート全日本選手権で、ショートプログラムで首位だった羽生結弦(25)=ANA=が優勝を逃したことを紹介。羽生はフリーの演技冒頭の4回転ループで着氷が乱れ、続く4回転サルコーは着氷も、3本目の3回転ルッツが、まさかの2回転。その後はステップアウトが続き、最後は得意のトリプルアクセル(3回転半)で転倒した。

 張本氏は「羽生にはビックリしましたね」とまさかの2位に驚きを隠せず。「(トリプル)アクセルで尻をついたのは初めてじゃないの? グラつくことはあってもね、お尻をついたことは見たことないですよ」と異変を感じた様子。

 羽生は11月のNHK杯から続いた5週3戦の最後の試合だったことに「ちょっとスケートは過密、出過ぎだよ。ちょっと休んでもらいたいわね」と体調の回復を願い、来年3月の世界選手権での復活を期待した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請