氷川きよし「紅組でもあり白組でもある。ありのままの姿で表現したい」…紅白リハで宣言

スポーツ報知
20周年シングル「大丈夫」の振り付けのポーズを披露する氷川きよし(カメラ・小泉 洋樹)

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)のリハーサルが28日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。演歌歌手の氷川きよし(42)は、歌唱する楽曲にちなみ「限界突破したい」と宣言。「紅組でもあり白組でもある。ありのままの姿で自分を表現したい。きよし君にはサヨナラして、kiiちゃんらしく、自分らしさを出したい」と唯一無二のステージを予告した。

 自身の限界を超えてみせる。氷川が放つ言葉の端々に、その覚悟がにじんだ。「私は、より自分らしく、ありのままで、紅白の舞台で輝きます。それを見て、輝いて生きてください。私は負けません!」。前を見据え、高らかに声を上げた。

 デビュー20周年の節目となる紅白の舞台は、20周年シングルの「大丈夫」と、ビジュアル系さながらのステージでも話題を呼んだ「限界突破×サバイバー」のメドレー形式。見どころを尋ねられると「大変なことになる。紅組のような白組のような、みなさんが期待してらっしゃるような(演出)。リハーサルは震えちゃって…久しぶりに緊張しました」と語った。

 「限界突破―」を紅白の舞台で歌う夢は、今年初めに掲げた。「氷川きよしは20年、イメージづけをされてきて、ここでちょっとぶち壊したい気持ちがあって。今までの氷川はバックボーンとして毎日一生懸命やってきたけど、時代も変わって、ありのままの姿で、音楽を表現したい。人間ってどうしてもカテゴライズしたり、人と比べたりする傾向があると思うけど、そこの中でやっていくのはすごく苦しいので『限界突破』でいつか紅白に出られたらいいな、って」

 氷川はこの1年、インスタグラムを「kii」名義で始めたり、中性的な魅力を開花させるなど新たな一面も見せ始めた。「誰も道を切り開いていないところを、ひとり歩くような気持ちで挑戦してきた。いろんなことに挑戦すると、摩擦とか生まれると思うけど、怖がっていたら次のドアは開けない。そんな思いでやってきた1年でした」と、自分らしさを貫きながら走り続けた日々を振り返った。

 「演歌歌手・氷川きよし」から新たなステージへ。「(記事などで)『氷川きよし(演歌歌手)』と入れられるのはもちろんステキなことなんですけど、ワードにあんまりハマりたくないタイプ。(紅白のステージは)kiiちゃんらしく、『きよし君』にはもうサヨナラして。これからは『私らしく』という感じで」と決意を込めた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×