セブン&アイ、出版事業から撤退…「五星三心占い」人気も出版不況受け21年清算

 不採算事業の見直しなど組織再編を進める流通大手、セブン&アイ・ホールディングス(東京・千代田区、井阪隆一社長)が出版事業から撤退することが27日、分かった。関係者によると、事業を終了するのは、主婦層に人気の生活情報雑誌「saita」などを発行するセブン&アイ出版。

 同社は1995年に設立され、年間の売り上げは毎年20億円程度で推移していた。だが、ここ数年は毎年数億円の赤字を計上。書籍部門は好調だったが、雑誌部門は伸び悩むなど出版不況の影響も受け、2021年春をメドに会社を清算する方針を決めた。

 関係者によると、来年1月下旬に出版事業の終了を公表する見通し。新刊発行も取りやめ、同5月下旬までに出荷も停止する。すでに取締役会で会社の清算を決定。会社側は約50人の従業員にも通知し、再就職支援などを行う方針を示した。

 同社が発行する書籍では、人気占い師・ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が“ドル箱本”として有名。雑誌でも占いコーナーが設けられるなど人気で、2年連続で年間100万部を売り上げたこともある。今後は別の出版社から発行されるため、水面下では複数の大手出版社による争奪戦が繰り広げられている。

 同グループでは百貨店の「そごう・西武」、コンビニ「セブン―イレブン」などで不採算店の閉店を進めている。今夏には、電子決済サービス「セブンペイ」で不正利用の被害を受け、サービスを中止するなど激震に見舞われていた。出版事業についても一定の役割を果たしたとして、四半世紀の歴史に幕を閉じることになった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請
×