【広島】菊池、メジャー断念「すっきりした」残留へ 東京金へ走り出す

MLB移籍を断念、広島残留を決め会見する菊池涼(カメラ・坂口 愛澄)
MLB移籍を断念、広島残留を決め会見する菊池涼(カメラ・坂口 愛澄)
広島野手の高額年俸5傑
広島野手の高額年俸5傑

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していた広島・菊池涼介内野手(29)が27日、マツダスタジアムで会見を開き、広島に残留すると表明した。新たに年俸3億円プラス出来高の4年契約を結び、事実上、メジャー移籍を断念。カープ愛を貫くことを誓い、来季は2年ぶりのリーグV奪回と日本一、さらに東京五輪の金メダルを目指す。

 会見場に姿を現した菊池涼は悔しさを見せず、すがすがしい表情だった。「もやもやすることなくすっきりした形で、また来年やってやろうという思いで今日ここに来ている」。来年1月2日午後5時(日本時間同3日午前7時)の交渉期限まで約1週間の時間を残しながらメジャーへの思いを断ち切り、残留を潔く決断した。

 昨年12月の契約更改交渉で球団に米大リーグ挑戦を直訴。リーグ4連覇を逃した今オフ、ポスティング申請が容認され、今月3日に申請手続きが完了した。しかし20日以上が経過しても満足なオファーがなかったとみられ、26日に球団に残留の意思を通達。「本当に悩みました。動きが活発ではない中で、それだったら早めに球団に伝えてあげたいという思いがあった」と説明した。

 この日、新たに年俸3億円プラス出来高の4年契約を締結。鈴木誠也外野手(25)の2億8000万円を上回り、球団野手史上最高年俸の座に立った。順調なら21年オフには海外FA権を取得するが、「年齢的に考えればやっぱり難しいこと」と、再挑戦の可能性も封印。入団から8年間在籍したカープへの愛は強く、「悔いのないようにやるにはやっぱりカープでやるのが一番」と、赤ヘル軍団の一員として戦い抜くことを宣言した。

 11月のプレミア12で優勝に貢献した菊池涼は、同月下旬のゴールデン・グラブ賞表彰式で「オリンピックはみんなが出たいと思っている。そりゃ(自分も)出たい」と、来夏の東京五輪出場に意欲を見せた。この日の会見では「それは関係ない」と残留決断への影響を否定したが、国内残留で出場への道は一気に開けた。

 「より一層やらなきゃいけない立場。新しい僕を期待してもらいたい」。昨年までの3連覇中にかなわなかった日本一と五輪金メダルへ向け、決意も新たに走り出す。(坂口 愛澄)

 ◆涼介に聞く

 ―メジャーなりマイナーなり、オファーはあったか。

 「そうですね。そうですけど、あんまり詳しくはお話しできない。僕の中ではすっきりしているし切り替えて、やっぱりまた(広島ナインと)一緒にできる喜びがありますし、オーナーからご注文が多かったので、それをしっかり遂行できればいいかなと思います」

 ―どんな注文か。

 「本当に事細かく『あれをよくしてやってくれ、チームをどうしてくれ』とか。立場的に今までは支える人の下で取り持ってきた感じだけれど、来年から長い契約なんで、しっかりリーダーになってくれということだった。頑張ります」

 ―気持ちの切り替えは。

 「いろいろ考えてきた中で、頭の片隅には赤いカープのユニホームでやりたいというのはどこかであった。オーナーから言われたことも含め、立場も今までと違うので、また新しいプレッシャーと闘いたい」

 ◆ポスティングでメジャー移籍を目指すも入団に至らなかった主な日本人選手

 ▼大塚晶文投手(02年、近鉄) 入札がなく、翌年(03年)3月に金銭トレードで中日に移籍。同年オフに再び申請しパドレス移籍。

 ▼入来祐作投手(05年、日本ハム) 入札がなかったが、自由契約となり06年1月にメッツ入団。

 ▼岩隈久志投手(10年、楽天) アスレチックスが入札。4年総額1525万ドル(約12億8000万円)の提示を受けるも交渉が破談して楽天に残留。翌11年オフにFAでマリナーズ入り。

 ▼真田裕貴投手(11年、横浜) 入札がなかったが、メジャー移籍を目指して横浜を自由契約に。米国内で入団テストを受けたが、契約には至らず、12年3月に巨人と契約。

 ▼中島裕之内野手(11年、西武) 250万ドル(約1億9000万円)でヤンキースが入札も、“控え扱い”で単年契約とあって破談。翌12年オフにFAでアスレチックスに入団した。(レートは当時)

 ◆菊池 涼介(きくち・りょうすけ)1990年3月11日、東京・東大和市生まれ。29歳。武蔵工大二(現東京都市大塩尻)高、中京学院大を経て、11年ドラフト2位で広島に入団。13年から7年連続でゴールデン・グラブ賞受賞。16年に最多安打、17年にベストナイン。通算成績は1047試合で打率2割7分1厘、85本塁打、379打点、107盗塁。17年WBC日本代表。171センチ、72キロ。右投右打。独身。

MLB移籍を断念、広島残留を決め会見する菊池涼(カメラ・坂口 愛澄)
広島野手の高額年俸5傑
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請