馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 京都 小倉

年が明ければ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、驚きました。超豪華グランプリとなった先週の有馬記念。リスグラシュー、圧巻の有終Vでした。正直、リスグラシュー=〇、アーモンドアイ=▲(◎が何か、余計な詮索はご勘弁を…)としたように仕上がりのよさ、成長力を加えた地力強化は分かっていたのですが、ここまでの強さとは…。しかし、東京スポーツ杯2歳Sのコントレイルといい、今年の矢作厩舎は記憶にも、記録にも残る走りを見せてくれます。

 昨日、そんな矢作厩舎の忘年会が行われました。有馬直後に行われる忘年会なんで、めったに参加できるモノじゃない。で、やっぱり何かいいですよね。いたるところで、参加者の方々が矢作センセイに「おめでとうございます」と声をかけ、笑顔でガッチリと握手する。終始、笑い声が絶えません。「よく稼ぎ、よく遊べ!」がモットーの厩舎。今年は大抽選会のプレゼントもすごかった。意気込みすぎたワタクシは「外れ」でしたが、所帯持ちの記者仲間の中には「これは奥さんに隠れて…」と思わず笑顔がこぼすようなプレゼントを手にした人も…。まっ、とにもかくにも、毎年のように楽しい宴会。来年も、こんな雰囲気でワイワイとしたいモノです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は一部、速報でもない情報もあるけど、2歳馬情報をつらつらと書いていきたいと思います。

 まずは昨日、ツイッターに書きましたが、先週の阪神芝1800メートルを除外になった友道厩舎の【アドマイヤベネラ(牡、父ハーツクライ、母ライフフォーセール)】は来年の1月5日、芝1800メートルを目標に調整されることになりました。鞍上は福永J。ここは「仕切り直し」の一戦ですね。

 友道厩舎の話を続けます。とりあえず、本日は情報のみを載せていきます。京都2週目、11日の芝マイルを福永Jで予定しているのが【スペードエース(牡、父ワールドエース、母ハルーワソング)】です。こちらはマーティンボロやフレールジャックの下で、シュヴァルグランやヴィルシーナ、ヴィブロスなどの近親になりますね。翌12日の京都芝2000メートルには【アルテフィーチェ(牝、父ハーツクライ、母アルテリテ)】が出走。こちらは米G1勝ち馬を母に持ち、フォーリーJで出走します。さらに同日の中山マイルには【メリディアン(牝、父ロードカナロア、母パーフェクトトリビュート)】が出走。こちらは石川Jが手綱を執ります。あと、セレクトの高馬ホースとして注目を集める【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ)】は予定通り、京都3週目の芝1800メートルが目標です。個々の馬についてのお話は明日の更新分にて。

 続いては藤岡厩舎。阪神で新馬を勝った【アメリカンシード(牡、父Tapit)】は福永Jとのコンビで福寿草特別へ向かいます。また、フィエールマンの半妹になる【ルーツドール(牝、父ジャスタウェイ)】はシンザン記念で川田Jとコンビを組むとのことです。あと、個人的に注目していた【クレイス(牡、父ロードカナロア、母クリアンサス)】が5日の京都芝1800メートルでデビューすることになりました。鞍上は藤岡佑J。「先週、ブリンカーを着けて追い切ったら、動けていた。今週は着けなくても動いたね。気持ちの問題だったと思う」と能力を感じていた藤岡調教師はホッとした表情を浮かべていました。

 さて、本日の栗東には気になる2歳馬たちが戻ってきています。まずは友道厩舎の【ヒュッゲ(牡、父ハーツクライ)】。こちらは和田Jとのコンビで京成杯へ向かいます。そして、高野厩舎の良血馬【ディアスティマ(牡、父ディープインパクト)】も本日の栗東に戻ってきました。こちらはシュタルケJとの新コンビで同じく京成杯へ向かうようです。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請