箱根V奪回狙う青学大登録外メンバーが「0区」力走 学内記録会で“区間新”

青学大の登録外メンバーによって行われた1万メートルトライアルを応援する鈴木塁人(中央右)ら
青学大の登録外メンバーによって行われた1万メートルトライアルを応援する鈴木塁人(中央右)ら

 第96箱根駅伝(来年1月2、3日)で、2年ぶり5度目の優勝を狙う青学大は26日、相模原市のキャンパス内陸上競技場で、16人の登録メンバーから外れた選手による1万メートル学内記録会を行い、高橋勇輝(2年)が29分5秒7の同記録会の新記録で1位になった。

 年末に青学大のほか各校で行われる登録外メンバーによる記録会は、登録メンバーに力と勢いを与える意味合いが強く「箱根駅伝0区」と呼ばれる。15年大会で初優勝のゴールテープを切りながら16年大会では登録メンバーから外れた安藤悠哉(当時3年)が15年12月の学内記録会で激走した29分7秒が青学大「0区」の最高タイムだった。翌年度、主将に就任した安藤は、17年大会で再び、アンカーを務め3連覇のゴールテープを切った。昨年末の学内記録会でトップになった新号健志(3年)も、今回はメンバー入りを果たすなど、トップを取った選手は翌年度に飛躍することが多い。「高橋は見事な区間新記録だ。16人の登録メンバーから外れたが、力のあることを証明した。16人の登録メンバーにも勢いを与えてくれた」と原晋監督(52)は最大限の賛辞を贈った。

 2位の目片将大(1年)も29分6秒4で新記録。非公認ながら11人が自己ベストより速いタイムで走り、7人が中堅校ならメンバー入りラインとなる29分30秒を切った。

 16人の登録メンバーも、大声で声援。「僕が見てきた4年間で一番いい学内記録会でした。チーム全体の雰囲気が良くなっている。次は僕たち登録メンバーが頑張る番です」。主将の鈴木塁人(4年)はチームメートの魂の力走に表情を引き締めて話した。

 前回、5連覇を狙った青学大は東海大に屈し、2位惜敗。2年ぶりの箱根王座奪回を目指す今回、原監督は「やっぱり大作戦」を掲げる。「やっぱり青学大は強い、やっぱり青学大を応援して良かった、と言ってもらいたい。『やっぱり指数』は85%まで上がってきました」と原監督は笑顔を見せた。

 この日の青学大の学内記録会の上位は以下の通り。

〈1〉高橋勇輝(2年)29分5秒7

〈2〉目片将大(1年)29分6秒4

〈3〉西久保遼(1年)29分14秒4

〈4〉渡辺大地(2年)29分14秒8

〈5〉石鍋颯一(2年)29分15秒0

〈6〉森川弘康(3年)29分24秒9

〈7〉中根滉稀(4年)29分27秒6

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請