玉川徹氏、秋元司衆院議員の逮捕に「IR疑獄という名前がいずれ付けられるような事件になっていく」

スポーツ報知
テレビ朝日

 26日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に絡み、秋元司衆院議員が収賄容疑で逮捕されたことを報じた。秋元氏は自民党を離党した。

 一方、東京地検特捜部が東京・永田町の衆院議員会館にある容疑者の事務所で現金300万円の授受があったとみて捜査していることも判明した。また、特捜部は、関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)=千葉13区=の地元事務所と、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明前衆院議員(45)の地元事務所も家宅捜索した。

 今回の事件にコメンテーターで同局の玉川徹氏は「最初は秋元議員1人の話かなと思っていたら、昨日になって2人、3人という広がりが見えてきているんですよね。そうなるとこれは単なる贈収賄じゃなくていわゆる疑獄という感じになりつつある。そうするとこれは、IR疑獄という名前がいずれ付けられるような事件になっていくのかもしれないですね」と指摘した。

 その上で政府が推進するIRについて「反対している人いっぱいいるわけです。なんか、こうダークな部分というのがぬぐい去れないイメージがもともとあって、これで治安が悪くなっていったりとか、依存症の人が増えていったりとか、さらにそこに政治家が群がっていったりという様相を呈していったらIR疑獄じゃなくてIR地獄になっていくんじゃないんですか」とコメントしていた。

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請