【ロッテ】荻野が3300万円アップの7800万円でサイン「できすぎたかな」

スポーツ報知
契約更改を行ったロッテ・荻野貴司

 ロッテの荻野貴司外野手(34)が25日、ZOZOマリンで契約更改交渉に挑み、3300万円増の7800万円、単年契約でサインした。

 10年目の今季は自己最多の125試合に出場し、160安打、10本塁打、46打点、28盗塁とキャリアハイの成績を残した。10月には自身初となるゴールデン・グラブ賞、ベストナインにも選出され、「できすぎたかな。最後負けはしたけど、1年通してケガなかったのが一番大きい」と今シーズンを振り返った。

 また10月には今季獲得した国内FA権を行使せず残留を決めた。来季はFA加入した福田秀平外野手(30)との外野手争いが激しくなるが「センターにこだわっているわけじゃない」と荻野。井口監督は福田を2番で起用するプランを明かしており、「投手も福田選手に集中すると思うので、僕が走ることで福田選手を助けられる」とロッテのリードオフマンは来季の1、2番起用に意欲を見せた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×