27日高校ラグビー開幕 敵は自分の中にあり…御所実・竹田監督の掲げる「心の教育」とは

練習後のミーティングで竹田寛行監督(手前)の話に聞き入る御所実の選手たち
練習後のミーティングで竹田寛行監督(手前)の話に聞き入る御所実の選手たち

 27日から全国高校ラグビーが、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。その事前取材のため、2年ぶりの出場を決め、Aシードも獲得した御所実(奈良)にお邪魔した。そこで感じたのは監督、そして選手の「心の力」だ。

 まず目を奪われたのは、県の支援があって完成したという立派な人工芝のグラウンド。「ほんとに公立校?」と思ってしまうほど、緑色の芝がきれいに敷き詰められている。「ここから見た景色がいいんですよ、特に朝なんかはね」。竹田寛行監督(59)に連れられてグラウンドの入り口に立ってみると、バックには桜で有名な吉野の山々が広がり、ぱっと開けた心地よい風景に思わず言葉を失ってしまった。

 そんな情緒あふれる竹田監督の下には、現在北は秋田から南は沖縄まで全国から選手が集まっている。全国募集はしているものの、私立のように学校側から選手を集めることはできないため「勧誘は何もできないから、いろんな子がやろうとすることを理解して入って来てくれます。中には中学の成績がオール5の子もいますよ」と指揮官。恵まれた環境やチームの明るい雰囲気はもちろんだが、一見“コワモテ”に見える竹田監督の優しく人格者なところに惹かれて、はるばる入学してくる選手も多いそうだ。

 これまでは選抜も含めて全国大会準優勝は5回と、あと一歩のところで涙をのんできた。御所実史上最多という日本代表候補6人を擁し、宿敵・天理を破って臨む2年ぶりの夢舞台、さぞ気合が入っていることだろうと話を聞くと、驚くほど冷静な答えが返ってきた。全国優勝について竹田監督は「どの年も意識していますが、大会になったらいろんな弊害も出てくる」と日常と環境が異なることで出てくる、さまざまな問題について言及。その上で「練習でやってきたことをどれだけ出せるか、その時の条件に合ったことをどれだけできるかを大切にしています。どこと当たったとしても、相手どうのこうのより、自分たちがやることを成し遂げる。『対自分』をターゲットにしてやる。勝ち負けより、その時の立場や条件に合った人間教育に時間をかけています」と答えてくれた。勝敗よりも、まずはどんな状況でも自分がベストを尽くせるかどうか。練習後には同様の話を改めて選手にも行い、みんな真剣な表情で聞き入っていた。

 指揮官の「対自分」という教えは、選手にも十分浸透している。プロップで卒業後トップリーグのパナソニック入りが決まっている島田彪雅(ひゅうが、3年)は「『対自分』で自分たちがやってきたことが試合でできるか、相手はどこであろうと気にしていません」と語る。チーム主将のFB石岡玲英(3年)も「試合中に実際に戦うのは相手だけど、今までの自分と戦っていると思ってやっています。自分たちの考えと駆け引きしながら少しでも成長できるように、先輩たちが学んできたことを継承していくのが、強くいられる理由だと思います」と表情を引き締めた。

 高校野球の取材でも感じたことはあるが、選手らは大会が始まると様々なメディアの取材を受ける。自身の活躍によって、SNSのフォロワーが1日で急増したという話も聞いたことがあるし、それによって選手が有名になった気になってしまう、という指導者からの悩みも聞いたことがある。高校生にとって急な環境の変化によって浮き足だってしまう気持ちもよく分かるが、そんな状況でこそ試される、冷静さ。そして周囲どうこうではない、「対自分」という考え方。当たり前のようだが今回御所実を取材してみて、大舞台に挑む前の心構えとして、その大切さが改めて分かったような気がした。

 御所実の初戦は30日の9時30分から第1グラウンドで、近大和歌山と朝明(三重)の勝者と対戦する。初めて花園に立つ選手も多く、石岡も「全員の思いを背負ってフィールドに立つので、1つ1つの試合を大事に成長しながらやっていきたい。3年でラグビーをできる最後の1週間。緊張よりも楽しみです」と胸を躍らせた。まもなく始まる令和最初の花園決戦、竹田監督によって鍛えられた御所実の「人間力」が大一番でどう発揮されるのか、私もしっかり見届けたい。(記者コラム・筒井 琴美)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請