【東京六大学】明大新エース入江、来季二刀流「挑戦」

明大の入江大生投手
明大の入江大生投手

 東京六大学リーグの明大は24日、年内の練習を終了。新エースの期待がかかる入江大生投手(3年=作新学院)は、二刀流への挑戦を宣言した。高校では3年夏の甲子園で3試合連発の大会タイ記録。バットで全国制覇に貢献し高校日本代表にも野手で名を連ねた男が、再びバットを手に取る。

 高校では3年春までエース。しかし、最後の夏は今井達也(現西武)がエースで、自身は主に一塁手としてプレーした。それでも大学では投手で勝負。「投手で結果を残したら両方やりたかった。来季は挑戦しようと思います。これまでバットも持たなかった。年明けからガンガン振り込んでいきたい」と語った。

 エースの自覚でもある。これまで主にリリーフだったが、広島のドラフト1位・森下らの卒業で第1戦の先発候補。指名打者制ではないため、打席に立つ機会も増える。「やってやろうという気持ち」と語った150キロ右腕が、投打でチームを引っ張る。(山口 泰史)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請