八木亜希子アナが患う「線維筋痛症」は全身に原因不明の激痛 レディー・ガガも

線維筋痛症のため休養すると発表した八木亜希子アナ
線維筋痛症のため休養すると発表した八木亜希子アナ

 元フジテレビでフリーの八木亜希子アナウンサー(54)が24日、線維筋痛(せんいきんつう)症のため、当面休養すると、所属事務所が、公式サイトで発表した。

 線維筋痛症について、秋津医院(東京・品川区)の院長で内科医の秋津壽男(としお)氏は「発症の原因が解明されておらず、非常に曖昧な基準で決められている。内科と精神科の境界線にある病気です」と話す。

 原因不明の激痛が全身に起こり、しびれ、震えなどの神経症状や、抑うつ症状、睡眠障害などの精神症状なども伴うことがある。発症率は「女性が圧倒的に多い」という。病気に対する思い込みなども関係しているといい「本人はとてもつらいが、どのお医者さんの診療を受けても異常なしと言われてしまう。病名を付けられたことで安心し、症状が軽くなる患者さんもいる」と説明した。

 治療法は「抗うつ剤、精神安定剤で良くなる方もいれば、運動精神療法でうまく治る方もいます。結婚したり、お子さんができたりして治ったりしたことも。ちょっとしたことで完治したりします」といい、決定的なものは存在しない。完治までの期間も患者によって差が大きく、「レディー・ガガさんは1年で治りましたが、長いと10年以上かかる人もいます」と長期の療養に及ぶ可能性も示唆した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請