三谷竜生、今年最終戦を制覇…伊東競輪開設69周年記念G3「椿賞争奪戦」

伊東競輪を制した三谷竜生
伊東競輪を制した三谷竜生

 三谷が今年最終戦を制覇。伊東競輪の開設69周年記念G3「椿賞争奪戦」決勝は最終日の24日、第12Rで行われ、巧みなレース運びを見せた三谷竜生(32)=奈良・101期=が、先行した伊藤裕貴―吉村和之の3番手を確保。最終バックで一気にまくり切り、追走した村上義弘を力強く振り切って優勝。10月の松戸「滝沢正光杯in松戸」以来となる今年2度目、通算5回目のG3制覇を果たした。村上が2着、3着には最後に追い上げた渡辺雄太が入った。

 三谷「来年S級S班になれないのは悔しいし、今回はそのぶんもしっかり走ろうと思っていた。徐々に戦える状態に戻ってきた。ライン3車だったので、打鐘(残り1周半)前にかませればと思っていたし、誰も来なければ駆けてもいいと思っていたが、伊藤君が来たので出させて様子を見た。初日にふがいないレースをしてしまったので、気持ちを入れ直して臨んで3連勝で優勝できたので良かった。来年またグランプリを走れるように、改めて頑張ります」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請