【担当記者が見た】DeNAソト、2年連続本塁打王の裏に新婚愛妻のサポート

ネフタリ・ソト
ネフタリ・ソト

 ジャパニーズドリームだ。メジャー通算2年で34試合0発だったソトが来日2年連続本塁打王を獲得した。1年目、3500万円だった年俸は来季1億8500万円まで上がった。

 プライベートの充実も大きかった。今年1月に結婚した。マリアム夫人は開幕と同時に来日し、できる限り遠征も帯同。自費で同じホテルの別の部屋を取り、夫婦の時間を過ごした。休日には横浜市内から電車に乗り、銀座、お台場に買い物に行くなど、美人妻はシーズン終了まで日本に滞在。ソトはホームシックとは無縁だった。

 ソトがヒーローになったハマスタでの試合後。旦那の帰りを待つ夫人はテレビで再生されるホームランの映像を食い入るように見ていた。何度も繰り返されるのだが、その度に笑顔になり、うっとりとした表情を浮かべていたのが印象的だった。球団関係者は「本当にソトのことが大好きなんです」と証言。そんな妻の愛情が成績にもつながった。

 日本にも慣れた。春季キャンプ中にはしゃぶしゃぶにはまった。一番のお気に入りはえのき。「食感がいい」と、渋いチョイスで周囲を驚かせた。試合前には和風だしが利いたそばを食べるのも日課となった。

 筒香が抜け、来季もソトに対する期待は高まるばかり。1年目41発、2年目は43発だが、ラミレス監督は「こんなものじゃない。もっと配球を勉強すれば今以上に絶対打てる」と、50発も夢ではないと断言する。来季で契約が切れるため結果次第ではメジャー挑戦の可能性も出てくる。3年連続キングで再びバラ色のオフとなるか。(DeNA担当・岸 慎也)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請