くも膜下出血で手術のSHEILA「片目が見えない、歩けない…」7か月ぶりSNS更新で近況つづる

SHEILA
SHEILA

 5月末にくも膜下出血で緊急手術を受けたタレントのSHEILA(シェイラ、46)が、23日までに自身のSNSを更新し、近況を報告した。

 5月30日以来、約7か月ぶりにインスタグラムを更新。「辛すぎて何もできなかった」と切り出したSHEILAは「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない。テレビのしご(と)もできない」と近況をつづり、木登りをしている子どもの後ろ姿の写真を投稿。「いつの写真だろう。去年の夏か秋。朝ごはんか昼ごばん後の木登り。息子と。みんなごめんね、」と記した。

 この投稿には同じ病気の経験者らから「時間は必要だけれど絶対前に進める」「お互いリハビリ頑張りましょ~」「前向きに頑張ってください」などのコメントが寄せられている。

 SHEILAは今年5月31日の昼頃、食事中に体調を崩し、都内病院に緊急搬送され、病院で診断を受けたところ、くも膜下出血であることが判明し、緊急手術を行っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請