藤井聡太七段が初監修した将棋ゲームが来年3月発売

藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が監修を務めたNintendo Switch用ソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」(3月5日発売、希望小売価格・税別4500円)の発表会が23日、都内で行われ、藤井七段自ら出席した。

 「棋士・藤井~」は日本将棋連盟が公認し、藤井七段が初めて監修を務めた初心者向けゲームソフト。幅広い棋力のAIを用い、ストーリーに沿って問題を解きながらルールから手筋、定跡までを学んでいく。AIならではの「ミスした場合は同じミスを繰り返さない」設定が施されている。 また、盤駒の材質や色味、模様や書体などを約8700万通り以上カスタマイズも可能。藤井七段が独自に創作した詰将棋問題も収録されている。

第46期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負
 里見香奈女流名人 VS 谷口由紀女流二段

  • ◇第1局 1月19日 神奈川県箱根町「岡田美術館 開化亭」
  • ◇第2局 1月26日 島根県出雲市「出雲文化伝承館 松籟(しょうらい)亭」
  • ◇第3局 2月11日 岡山県真庭市「湯原国際観光ホテル 菊之湯」
  • ◇第4局 2月23日 千葉県野田市「関根名人記念館」
  • ◇第5局 3月10日 大阪府福島区「関西将棋会館」

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請