福山雅治、男性限定ライブで野太い「ましゃ」コールに感激「みんなのおかげ」

4年ぶりに完売となった男性限定ライブで熱唱する福山雅治
4年ぶりに完売となった男性限定ライブで熱唱する福山雅治

 歌手で俳優の福山雅治(50)が22日、パシフィコ横浜で恒例の冬ライブ「福山☆冬の大感謝祭 其の十九 ALL SINGLE LIVE」を行った。

 14年に始まり、6回目の男性限定ライブ「野郎夜!6」。普段の黄色い歓声とは異なる、1万8000人の野太い「ましゃ」コールがこだました。

 場内はぎっしり。15年以来のチケット完売に、福山は「ソールドアウトしました。4年ぶり2度目の完売御礼。ありがとうございます」。歓声に笑顔で応え、中央のステージから四方に頭を下げた。「毎年、あとちょっとだった。あとちょっとなのよ。ちょっとが届かなかったのよ」と振り返り、「感謝を、熱い音楽に換えて届けていきたい」と約束した。

 この日限りのセットリストで新曲(タイトル未定)を交えながら、ヒット曲「HELLO」や「虹」「零 ―ZERO―」など22曲を披露。「バラードで大歓声を。男性だけから頂くという。うれしいですね。うれしくて新鮮ですね」と話した。

 1990年3月21日にシングル「追憶の雨の中」でデビューし、来年3月にデビュー30周年を迎える。福山は「みんなのおかげで、30周年を迎えることができる。こんなにたくさんの男性に囲まれて、全く売れなかったデビュー曲を、拳を突き上げて歌えるとは思ってもみませんでした」と感激した。

 9月19、20、22日に5年ぶりの故郷・長崎での凱旋(がいせん)公演(稲佐山公園野外ステージ)が決定。11月21日の長野公演(長野ビッグハット)から半年間に及ぶ全国アリーナツアー(20か所全44公演)を開催する。「歌手・福山」として、2020年は濃密な1年になりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請