馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 京都 小倉

まだ終わらない(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は阪神競馬場からのパッチパチ。実は今開催、非常に貴重な競馬場勤務なんです。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、昨日は栗東からの帰り道、前日のブログで触れたD社のAクンを車に乗せて帰ることに。車の中は、たまたま昔懐かしのユニコーンのベストを流していたんです。「大迷惑」や「服部」、「Maybe brue」や「自転車泥棒」など何度カラオケで歌ったか分からない名曲ばかり。ただ、Aクンは「いや~、全く聞いたことないですね」と非常に冷たいリアクションなんですよね。聞いてみると、まだ24歳というAクンにとって、ユニコーンは生まれる前のグループだという。そりゃ、分からんわな。唯一、知ってますと口ずさんだ曲だって、イージューライダー、奥田民生さんのソロの歌なんだから…。

 で、そのアルバムが終わり、次はワタクシのお気に入り懐メロソングでもある「Zard」のアルバムに入ると、Aクンのテンションが明らかに上がっている。「Zard好きなんですよ」。いやいや、時代はそんなにユニコーンと変わらへんやろと突っ込んだんですが、「だって、綺麗ですからね」との返事。ボーカルの坂井泉水さんね、うん、それは若き日のワタクシと同じです。ようやく、彼と共通の方向性がある話題が見つかったと思ったんですが、来月から彼は不在。意外と女性論をすれば、面白いヤツだったかもしれません。ちなみに彼が最も音楽を聞いていた時期はORANGE RANGEあたりで、ディープインパクトの全盛期だったという。ORANGE RANGE=ディープって方程式、全く想像がつかない…。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。明日は6Rで新馬が行われますね。POG的に注目は何と行っても、ジェンティルドンナの全妹になる【ダブルアンコール(牝、父ディープインパクト、母ドナブリーニ)】でしょうかね。実は口向きが悪く、本来の予定からデビューは1週間延びたんです。「走り自体はいいんです。ただ、手綱を持つとダメですね。離すといい走りはします。いかにコントロールできるかです」。今週の調教はうまくいったようですし、乗り慣れた厩舎所属の水口Jが騎乗。能力を引き出せるか、注目したいところです。

 池江厩舎は28日の阪神芝2000メートルで【サトノシャローム(牡、父ロードカナロア、母シャムロッカー)】が川田Jでデビューします。「まだ追い出してからモタれたりする面がありますが、体がしっかりすれば真っすぐ走れると思います」と池江調教師は口にはしますが、「それでも現状でも動くのは動きますからね」とも。個人的は、かなり楽しみにしているように感じます。さらに、ゲート試験に合格している【サトノレガシー(牡、父ディープインパクト、母スカイディーバ)】も戻ってきていますが、「今週は半マイルで追いましたが、ゆっくりとやっていきたい。1月下旬あたりのデビューだと思います」とのことでした。

 さて、細かな次走報を。寺島厩舎で京都2歳S9着だった【ヴァルナ(牡、父エピファネイア)】は幸Jとの新コンビで白梅賞を予定しています。あと、高橋忠厩舎で万両賞2着だった【カイルアコナ(牝、父キンシャサノキセキ)】は引き続き、吉田隼Jとのコンビで萌黄賞を予定しています。

 その高橋忠厩舎はこの後、多くの馬がデビューを予定しています。年明けの京都2週目のダート1800メートルに荻野極Jで【クォリティタイム(牝、父Quality Road、母ジプシー)】、同じ週の芝2000メートルを目標に、武豊Jで予定しているのが【ロードセッション(牡、父ジャスタウェイ、母ジャズキャット)】。同じ週の中山の芝2000メートルには【ショウナンラオウ(牡、父ルーラーシップ、母タカノベンチャー)】が出走を予定し、小倉1週目の芝2000メートルには荻野極Jで【ジネン(牡、父キズナ、母スギノキューティー)】が予定しています。

 この中で初戦向きという感触が伝わったのは、クォリティタイムですかね。「今週の坂路でいい走りをしていましたね。適性的にも育成から『中距離のダートぐらい』という話を聞いていましたし、走ってくると思いますよ」と高橋忠調教師は楽しみにしていました。ロードセッションに関しては「背中はすごくいいんですが、トモが甘いんです。成長がスローですね」とのことで、ショウナンも成長曲線が緩やかといった感じ。ジネンも成長途上ということです。ただ、それぞれにまだ時間はたっぷりありますし、ここからの成長度に期待したいといったところでしょうか。

 しかし、有馬の原稿をたっぷりと書いたというのに、まだホープフルS&栗東取材が残っている。有馬=1年の締めくくり、という時代が懐かしい限りです。ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

阪神8R・9ゲンパチルシファー(前走はスムーズさを欠く場面も上位の地力を示した。今回は勝ち切る)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神11R・8プレシャスブルー(松若Jが「以前から走るイメージはありましたし、最近は安定していますから」と手応え)

中山8R・3ドリームスピリット(前走は折り合い欠いた。スムーズなら)

中山9R・3ギフトオブアート(2走前は脚を余し、前走は展開不向きの中で中身の濃い競馬。昇級でも通用する)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請