馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3
全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【阪神6R2歳新馬】サンライズラポールがデビュー勝ち ルメール「能力ありそう」

サンライズラポール(C.ルメール)が直線抜け出す(カメラ・高橋 由二)
サンライズラポール(C.ルメール)が直線抜け出す(カメラ・高橋 由二)

 12月21日の阪神6R・2歳新馬(ダート1800メートル=13頭立て)はサンライズラポール(牡、栗東・平田修厩舎、父コンスティテューション)が1番人気にこたえてデビューV。勝ち時計は1分55秒5。

 二の脚は速く1角で好位に取り付いたが、出脚が鈍く外枠が功を奏した格好。

1000メートル通過64秒0の落ち着いたペースでも折り合って、前を行く2頭を終始射程圏にとらえながら運んだ。4角で先頭に立ち、直線ではなかなか手前を替えなかったが、ゴール前は鞍上が2度後ろを振り返る余裕があり、ニホンピロスクーロ(2着、小牧太騎手)に3馬身差をつけ快勝した。

 コンビを組んだルメール騎手は「道中だんだんペースアップして、うまく走ってくれました。能力がありそう。跳びが大きくて、(母の父の)カーリンに似ているね」と爽やかに振り返った。

 管理する平田修調教師は「久しぶりに叫ばないで見ていた(笑い)。元々走ると思っていたけど、今週の坂路のラスト1ハロン(の動き)がすごかったからね。結構乗り込んだから、次に大きな上積みとなるとどうかだけど、少しずつ良くなってくれれば。(次走は)跳びが大きいから、芝も視野に入れて考えたい」と笑顔が弾けた。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請