仮面ライダーに出演の山本耕史、変身ポーズを自ら考案。三谷幸喜氏から激励も

(左から)高橋文哉、山本耕史、岡田龍太郎
(左から)高橋文哉、山本耕史、岡田龍太郎

 俳優の山本耕史(43)が21日、都内で映画「仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション」(杉原輝昭監督、公開中)の初日舞台あいさつに奥野壮(19)、高橋文哉(18)、岡田龍太郎(25)らと出席した。

 テレビシリーズに続いて仮面ライダー1型に変身する飛電其雄役を演じた山本は変身ポーズを自ら考案したことを明かし、「『2分くらいやってもいいの?』って聞いたら『3秒くらいだとうれしいです』と言われました。元気よく、わりと声を張ってやりました」と振り返った。

 仮面ライダー出演の反響が大きく、脚本家の三谷幸喜氏(58)から「変身するの? ぜひ変身してゼロワンと戦ってくれ」と激励されたという。また、プライベートでも保育園の園長に「見ますよ」と言われ、反響の大きさを実感したという。

 高橋をはじめ、20歳以上も年下の共演者たちと作品を作り上げ、「高橋くんはすごく真面目ですよ。初心に戻るような心を洗われた気持ちになりました。慣れてくると大切なことを忘れていくこともあるので。やって良かったなと思います」と満足げに語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請