村治佳織、離婚していた 人気クラシックギタリスト初エッセーで告白「“最高の元夫婦”でありたいな」

村治の初エッセー「いつのまにか、ギターと」の表紙
村治の初エッセー「いつのまにか、ギターと」の表紙
初エッセーで離婚を告白した村治佳織
初エッセーで離婚を告白した村治佳織

 才色兼備の音楽家として国内外で活躍するクラシックギタリストの村治佳織(41)が昨年、離婚していたことが20日、分かった。23日に出版される初エッセー「いつのまにか、ギターと」(主婦と生活社刊)の中で明かしている。村治は2014年7月、「以前からご縁があった」という一般男性との結婚を公表していた。

 村治は同書の後半で「突然ではありますが、お伝えいたします。2018年の中頃、私、『マルイチ』となりました」とつづっている。京都の友人から、祇園などでは離婚のことを「バツイチ」ではなく「マルイチ」と言うと聞き、この表現を使用。離婚から1年以上たっていることもあり、自身を客観的に見つめる文章になっている。

 すでに親しい関係者には報告しており「人様の反応も様々」と書いている。びっくりした人や自分の経験談を聞かせてくれる人、新しい人生の背中を押してくれる人…実にさまざまで新鮮だったという。

 法律上、夫婦でなくなっても「“最高の元夫婦”でありたいな」とも。会う機会は減ったが「お互いの無事を確認し合うことは、いまもあります」とし、「一度は家族になった義理のご両親とも、結婚していた時と変わらず連絡を取らせていただいている」。出会えた幸せに感謝する気持ちが丁寧につづられている。

 ◆吉永小百合の夫・岡田氏と対談も

 村治は女優の吉永小百合(74)と公私にわたって交流が深いことでも有名。本書では、吉永の夫で元テレビマンだった岡田太郎氏(89)との激レア対談も収録されている。2人は知り合って約20年だそうで岡田氏は村治を「佳織ちゃん」と呼んでいる。出会いのきっかけや意外なエピソードも紹介。吉永の“素顔”にも触れられており、ほのぼのとした内容になっている。

 ◆村治 佳織(むらじ・かおり)1978年4月14日、東京都生まれ。41歳。幼少期から父の村治昇にギターの指導を受け、数々のコンクールで優勝する。15歳でCDデビュー。仏留学を経て2003年に英の名門レーベル「デッカ」と日本人初の長期専属契約。13年に舌腫瘍で一時療養したが翌年復帰。ギタリストの村治奏一は実弟。

村治の初エッセー「いつのまにか、ギターと」の表紙
初エッセーで離婚を告白した村治佳織
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請