馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

年明けをにらみ(美浦)

 こんばんは、坂本です。今日はJRA本部から品川の会社とウロウロしております。

 その前に先週は“お休み”してしまい、申し訳ありませんでした。有馬ウィークの1週前で、何せ取材でドタバタしておりまして・・・。今日も記者室で仕事をしている最中に、「顔がべたつくな」とフェイシャルペーパーでゴシゴシ拭いていると、事務員の方が「サーキュレーター(いつもは夏場は扇風機のように利用させてもらっています)、持ってきましょうか?」と聞かれてしまいました。いくら太めで暑がっているように見えたとは言え、周りから笑われてしまって情けない次第でした。まぁ、それくらい仕事してるよう(なフリ?)に見えたということですかね。

 さて年末開催となって、中山の未勝利番組はダートが多めですが、やはり目が向くのは芝の新馬戦です。個人的な注目は手塚厩舎の【ウインマリリン(牝、父スクリーンヒーロー、母コスモチェーロ)】。14年のラジオNIKKEI賞で重賞勝ちのあるウインマーレライの半妹で、手塚調教師は「きょうだいも長いところを走っていたので、適性はあると思います。初戦から動けそうですよ」と評価しています。ここはゴールドシップ産駒が3頭いるなど、中距離向きな印象がそろって面白そうです。

 そしてPOG情報では、藤沢和厩舎の【サンクテュエール(牝、父ディープインパクト)】は、アルテミスS2着の次は、シンザン記念(1月12日、京都)へ向かいます。以前にもお伝えした【バルトリ(牝、父ディープインパクト)】は、予定通りフェアリーS(1月13日、中山)へ。

 先週のひいらぎ賞を勝った高橋祥厩舎の【スマイルカナ(牝、父ディープインパクト、母エーシンクールディ)】は、こちらもフェアリーSを目指します。そして先週の中京未勝利戦(芝1400M)で勝ち上がった【シーシーサザン(牝、父タートルボウル、母センシュアルドレス)】は、春菜賞(2月8日、東京)へ。この馬は藤田菜七子騎手が通算100勝を挙げた馬ですね。

 また先週の中山未勝利戦(芝1600M)を勝ち上がった【シングンバズーカ(牡、父シングンオペラ、母クーファゲルニカ)】は、共同通信杯(2月16日、東京)を視野に。同じく中山未勝利(芝1200M)を勝った【ネバーゴーンアウト(牡、父ヴィクトワールピサ、母エバーシャイニング)】は、自己条件の朱竹賞(1月11日、中山)に向かうようです。

 駆け足で申し訳ないですが、今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請