加藤浩次、木下医師の「パワハラ疑惑」報道に「木下さんの人格がまったく違うところにあるっていう考え方は違っていて…」

加藤浩次
加藤浩次

 20日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)でジャガー横田の夫で医師の木下博勝氏が報道各社へファクスを送り、週刊文春デジタルで「壮絶パワハラ」などと木下医師の音声データーなどが報道されたことに「事実と異なる点が多数あります」として反論を発表したことを報じた。

 木下医師は、2004年にジャガーと結婚。同番組では、息子の「お受験企画」で密着取材し出演していた。

 番組では、今回の問題について、Aさん側から今月16日付に木下医師に「2016年4月ごろから2019年8月末ごろまでの間、貴殿から通知人に対して数々のパワーハラスメント行為がなされました」との通知書が送られ、謝料として300万円の損害賠償を請求したうえで場合によっては法的措置も辞さない姿勢を示していたると報じ、パワハラ疑惑に木下医師は「暴言やましてや暴行など事実無根です」と全面否定。今後弁護士を通して話し合いを続ける予定と伝えていた。

 MCの加藤浩次は今回の疑惑報道に「木下さんという人間は、家でジャガーさんとああいう風にしている、あそこにウソはないと思うんですね。木下さんはああいう方だと思う」とした。

 その上で今回の報道に「ただ職場になった時に上司という立場もあるし、下に怒らないといけない時がある、下に注意しなければいけない時がある。注意、怒るということは悪い事じゃないと思う、間違えることをしたら下がしているんだったら。ただ怒られる側の自尊心を傷つけるような怒り方は、僕は違うと思う。怒るとしたらやった事象を怒るべきで。その人間がお前慰謝料払えるのか。明らかに金銭的にオレより低いだろって僕には聞こえる。ここはやっぱりよくないと思う」と指摘した。

 番組では木下医師がA氏が車のドアを閉めた際に「鼓膜破れたらお前金払えんのか?医者の給料なんぼだと思っているんだよ。お前払えると思ってんのか慰謝料」と発言したとされる言葉を紹介した。

 この発言に加藤は「お前給料お金ないだろっていうところを一個責めている」とし「ドアを思いっきり閉めたら中にいる人間は嫌な気持ちするんだよっていうことをしっかり注意すべきでここの部分いらないと思う。パワハラとか起こるのは怒られている側の自尊心を傷つけているようなことしているんです。そことその人の間違いは別だから分けなきゃいけない、そこの部分が、木下さん甘かったかなと思う」と指摘した。

 その上で「木下さんの人格がまったく違うところにあるっていう考え方は違っていて、木下さん自身はテレビで見ている通りなんですけど、この事象に関してはこうなってしまったんでしょうね、僕の見解ですけど。今後裁判が行われるかどうか分かりませんけど話し合って解決できればいいなと思います」とコメントしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請