羽鳥慎一アナ、刑事裁判で不起訴でも民事で「性暴行」認定判決に「驚いた人が多かったと思う。認められたんだ民事で…」

勝訴後の会見で目元の涙をぬぐう伊藤詩織さん
勝訴後の会見で目元の涙をぬぐう伊藤詩織さん

 19日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)ではジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者・山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が判決公判で「酩酊状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じたことを報じた。

 司会の羽鳥慎一アナウンサーは今回の判決に「刑事で不起訴処分で検察審査会で不起訴相当がでているんで昨日の判決は驚いた人が多かったと思うんです」と指摘した。

 その上で「当然そうだろうなって思っている人もいると思うんですけど、認められたんだ民事でって思っている人が多かったと思うんです」とコメントした。

 これにコメンテーターで女優の高木美保は「これだけ自分の姿をさらして、自分の傷ついたことをメディアの前で詳細の述べる、そういう公明正大でありたいっていう信念を感じさせたのは、民事で勝訴を勝ち取ったことに大きく影響しているだろうし」と話していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請