【報知映画賞】玉城ティナ「本当に私でいいのかな」 井口監督「日本の映画界の宝になる」

スリットの開いた白のドレスで美脚を披露した新人賞の玉城ティナ(カメラ・小泉 洋樹)
スリットの開いた白のドレスで美脚を披露した新人賞の玉城ティナ(カメラ・小泉 洋樹)
写光レンタル販売・松本雄二郎代表取締役社長から「透流水」1年分の記念パネルが贈られた
写光レンタル販売・松本雄二郎代表取締役社長から「透流水」1年分の記念パネルが贈られた

 第44回報知映画賞の表彰式が18日、都内で行われた。

 受賞作「惡の華」の井口昇監督(50)から花束を受け取り、笑みがこぼれる。新人賞の玉城ティナ(22)は「会場に来て、歴史ある賞に名を刻めたと実感した。本当に私でいいのかなと心配になったり。でも、今は喜びをかみしめたい」とはにかんだ。

 「Diner ダイナー」では、闇の組織に身売りされた鈍くさいヒロイン・オオバカナコ、「惡の華」では理解不能の問題児・仲村佐和と、対照的な役を見事に好演。井口監督は「振り幅がすごく、難しい役をチャーミングに演じた。これから日本の映画界の宝になります」と褒めちぎった。

 新人賞は女優人生の最初の一歩でしかない。「小松菜奈さんも14年に新人賞を受賞されて、今回は助演女優賞を受賞した。私も生活感のある役や、コメディーに挑戦して、またこの場に戻ってきたいです」と、さらなる飛躍を誓った。(増田 寛)

スリットの開いた白のドレスで美脚を披露した新人賞の玉城ティナ(カメラ・小泉 洋樹)
写光レンタル販売・松本雄二郎代表取締役社長から「透流水」1年分の記念パネルが贈られた
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請