【楽天】ロッテ・涌井の獲得決定的 金銭トレードで合意…近日中に発表へ

スポーツ報知
ロッテ・涌井

 楽天が、ロッテの涌井秀章投手(33)を獲得することが決定的になったことが18日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、両球団の間で金銭トレードで合意に達したとみられる。先発の駒不足に悩む楽天と、若返りを図るロッテの思惑が一致。近日中に発表される見通しだ。

 7年ぶりのリーグ制覇を狙う楽天が、通算133勝の涌井を獲得する。プロ15年目の今季は18試合に登板し3勝7敗、防御率4・50に終わった。ただ、石井一久GMは西武での現役時代の2008年から13年までの6年間、涌井と同僚で、その実力を把握。豊富な経験と実績が、7年ぶりのリーグ制覇を狙う楽天には必要と判断したようだ。

 楽天は今オフ、国内FA権を行使した美馬学投手(33)がロッテに移籍。直近4年間で3度の規定投球回に到達した右腕が流出。最多セーブのタイトルを獲得した松井を来季は先発に転向させる方針だが、先発陣は駒不足の状況で、ロッテの背番号「18」に白羽の矢が立った。

 ロッテは今季21歳の種市が8勝を挙げ、24歳の二木が7勝、23歳の岩下が5勝、大卒新人の小島が3勝をマーク。20代前半の投手が軒並み結果を残すなど、着実に世代交代が進んでおり、来季も井口監督は若手を積極的に起用する方針を決めている。そんな中で、楽天からのオファーを承諾した。

 今オフ、楽天はFAで鈴木をロッテから獲得。逆にロッテが楽天から美馬を獲得。両球団はすでに、FAの人的補償を巡り、プロテクトした28選手の名簿を交換しており、獲得する選手を検討している。ロッテは人的補償を求める方針で、楽天は人的補償か金銭のみか、今月中に結論を出す見通しだ。

 ◆涌井 秀章(わくい・ひであき)1986年6月21日、千葉・松戸市生まれ。33歳。横浜高2年時の2003年センバツで準V。04年夏の甲子園8強。04年ドラフト1巡目で西武入団。07、09、15年に最多勝。09年には沢村賞受賞。08年北京五輪、09、13年WBC日本代表。13年オフに西武からロッテにFA移籍。通算成績は417試合で133勝128敗37セーブ。185センチ、85キロ。右投右打。妻はモデルの押切もえ。今季年俸2億円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×