終盤にJ得点王の仲川投入も韓国に0―1で完封負け 3大会ぶり優勝逃す

後半、ゴール前に飛び込む仲川輝人 (カメラ・中島 傑)
後半、ゴール前に飛び込む仲川輝人 (カメラ・中島 傑)

◆東アジアE―1選手権 日本0―1韓国(18日 韓国・釜山)

 サッカー日本代表は韓国に0―1で敗れ、3大会ぶりの優勝を逃した。

 前半28分、左サイドからドリブルで切り込んだDF金珍洙のパスを受けたMF黄仁範にペナルティーエリア手前から強烈な左足シュートで先制点を奪われた。

 1点を追う後半はMF相馬(鹿島)、大島(川崎)を次々に投入し、同33分には今季JリーグMVP&得点王のMF仲川(横浜M)がピッチへ。細かいパス回しから猛攻を仕掛けたが、韓国の堅守に阻まれて最後までゴールをこじあけられず、無得点に終わった。

 引き分け以上で優勝が決まる一戦で今大会初の黒星を喫し、なでしこジャパンとのアベック優勝はならず。男子は韓国に3連覇を許した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請